wifiルーターのレビュー

【自宅wifi】おすすめは工事不要で置くだけOKのWiMAXホームルーター

投稿日:2019年10月18日 更新日:

自宅用Wi-Fi

自宅で使うwifiを探していますか?

アパートや団地・社宅に住んでいて、回線工事ができないときに便利なのが、工事不要で使えるwifiです。

 

こちらの記事では、工事不要で使えるwifiの中から自宅での利用に適したものを紹介します。

\ 自宅用ならWiMAXがおすすめ /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

工事不要でおすすめの自宅用wifiは、WiMAXホームルーター

WiMAXホームルーター

自宅で使うための工事不要wifiのおすすめは、断然WiMAXのホームルーターです。

今であれば、最新の『Speed Wi-Fi HOME L02』がおすすめ!

 

ダウンロード・アップロード共に通信速度が速く、一戸建てで使ったところ1階・2階両方で使えました。

十分、固定回線の代わりになります!

\ 自宅用の工事不要ならWiMAX /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

レビュー
WiMAX L02
WiMAX『Speed Wi-Fi HOME L02』レビュー! 我が家での実測とみんなの口コミ・評判まとめ

こんにちは、【一人暮らしのWi-Fi選び】管理人のhiroです。 今回私は、WiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』を実際に使いました。   こちらの記事では、 ...

続きを見る

 

工事不要wifiを自宅で使う方法

工事不要で使えるwifiを自宅で使う方法は、大きく分けて2つあります。

 

工事不要wifiを自宅で使う方法
  • 置くだけで使えるホームルーターを使う
  • ポケットwifi(モバイルルーター)を自宅で使う

 

置くだけで使えるホームルーターを使う

私が最初におすすめしたWiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』はこちらに分類されます。

ホームタイプのwifiのメリットは、何と言っても『自宅用』に作られているということ。

 

自宅で使うために作られているため、コンセントに挿すだけでインターネットに繋がります。

充電は必要ありません。

また、リビングやダイニングなど決まったところに置いておけば、家中でwifiが使えます

hiro
使い勝手は、固定回線と変わらなかったです

 

はっきり言って、賃貸アパート・賃貸マンション・社宅など引っ越しの可能性があるなら、WiMAXホームルーターで十分。

インターネットや動画を楽しみたい一般ユーザーの使い方なら、十分満足できます。

 

しかしホームルーターなら、なんでも良いわけではありません。

現在発売されている置くだけで使えるホームタイプのwifiは、WiMAXのホームルーター・ソフトバンクエアー・モバレコAirの3つ。

次の項目で、この3つを詳しく比較します。

 

ポケットwifi(モバイルルーター)を自宅で使う

もう1つの方法としては、持ち運びができるポケットwifi(モバイルルーター)を自宅で使うという方法があります。

一人暮らしの人は、この方法で自宅と外出先の両方でインターネットにつなげている人が多いです。

 

ホームルーターとの違いは、充電が必要ということ。

ポケットwifiは、持ち運びをすることを前提に作られているので、充電して使います。

スマホと同じような感じですね。

 

時々、自宅にいるときはモバイルルーターを常に充電したままで使う人がいますが、バッテリーの劣化を早めるので避けた方がよいです。

これもスマホと同じですね。

 

ポケットwifiは、複数台繋げるので家族で使うこともできますが、リビングなど特定の場所に置いたままで他の部屋で使うという使い方は、正直厳しいと思います。

(端末によっては、できないわけではありません)

 

しかし反対の言い方をすると、ワンルームや1K程度ならモバイルルーターでも十分使えるということです。

 

置くだけで使えるホームルーターを比較

置くだけで使えるホームルーターは、現在3種類販売されています。

 

置くだけで使えるホームルーターは3種類
  • WiMAXのホームルーター
  • ソフトバンクエアー
  • モバレコAir

 

Wi-Fiさん
料金を比較する前に、まずスペックが高いものを選んだ方が後悔がないよ

 

WiMAXのホームルーター

WiMAXホームルーター

WiMAX『Speed Wi-Fi HOME L02』のスペック

回線の種類

WiMAX2+

au 4G LTE

速度

(下り)

HS

558

HS+A

1,024

(1Gbps)

速度

(上り)

HS

30

HS+A

75

接続台数

40台

速度制限

条件

3日で10GB

速度

概ね1Mbps

有線LAN接続

端末取扱い

(購入 / レンタル)

0円購入

速度単位:Mbps

hiro
実際に『Speed Wi-Fi HOME L02』を使いましたが、通信速度が速く、1日を通して安定していました

L02(下り)実測

L02(上り)実測

こちらのグラフは、『WiMAXの実測をズバリ大公開! W06・L02を1時間ごとに計測し比較してみた』で詳しく解説しています。

\『Speed Wi-Fi HOME L02』はこちらから  /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー

画像引用:ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーのスペック

回線の種類

ソフトバンク回線の一部

速度

(下り)

 481

(一部エリア962)

速度

(上り)

非公開

接続台数

64台

速度制限

条件

利用が集中する時間帯

速度

非公開

有線LAN接続

端末取扱い

(購入 / レンタル)

購入

速度単位:Mbps

ソフトバンクエアーは、あなたと同じ回線を使っている他者の使用量によって、速度が遅くなります。

特に夜はまともに使えないことも多いため、はっきり言っておすすめできません。

 

ソフトバンクエアー

他者の状況によって、夜間遅くなることがかなり多くあります

 

ソフトバンクエアー
ソフトバンクエアーが夜に遅い! 原因と速くする方法・対策まとめ

「ソフトバンクエアーが、遅い!」と、困っていませんか? 残念ながら、ソフトバンクエアーは「夜に遅い」と感じる人が多いwifiです。   実家に戻って光の工事待ち、その間ソフトバンク エアー借 ...

続きを見る

 

またソフトバンクエアーは無制限をうたっていますが、速度制限に関しての条件がとてもあいまいです。

利用が集中する時間帯に速度制限がかかるという決まりのため、利用が集中する夜は繋がりにくいのに加えて、速度制限にかかることが多いのです。

 

hiro
WiMAXは速度制限にかからないように自分でコントロールできますが、ソフトバンクエアー は自分でコントロールできないのが最大のデメリットです!

 

モバレコAir

モバレコエアー

画像引用:モバレコAir

モバレコAirのスペック

回線の種類

ソフトバンク回線の一部

速度

(下り)

 481

(一部エリア962)

速度

(上り)

非公開

接続台数

64台

速度制限

条件

利用が集中する時間帯

速度

非公開

有線LAN接続

端末取扱い

(購入 / レンタル)

購入

速度単位:Mbps

 

モバレコAirは、株式会社グッド・ラックという会社がソフトバンクエアーを独自の料金体系で提供しているものです。

端末はソフトバンクエアーそのままなので、モバレコAirのスペックはソフトバンクエアーと全く同じです。

料金は、ソフトバンクエアーより少し安く設定されています。

 

ポケットwifi(モバイルルーター)を比較

次に、ポケットwifiを自宅で使うパターンとして、ポケットwifiのスペックを比較します。

上からスペックが高いおすすめ順に並べています。

 

WiMAXのモバイルルーター

WiMAXモバイルルーター

WiMAX『Speed Wi-Fi NEXT W06』のスペック

回線の種類

WiMAX2+

au 4G LTE

速度

(下り)

HS

558

HS+A

1,237

速度

(上り)

HS

30

HS+A

75

接続台数

wifi:16台

USB:1台

連続通信時間

9時間

速度制限

条件

3日で10GB

速度

概ね1Mbps

有線LAN接続

×

端末取扱い

(購入 / レンタル)

0円購入

速度単位:Mbps

 

自宅でポケットwifiを使うなら、WiMAXモバイルルーターが最も高スペックです!

出せる通信速度は、WiMAXホームルーターとほとんど変わりません。

hiro
しかし実際に1時間ごとに計測してみたところ、実測ベースではホームルーターの方が速いという結果になりました

 

WiMAXモバイルルーター・ホームルーターの実測平均値

 

DOWN

UP

モバイルルーター

W06

36

6.68

ホームルーター

HOME L02

44

10.81

単位:Mbps

 

その理由は、持ち運びしないホームルーターには大きなアンテナがついているからです。

 

ただ繰り返しになりますが、WiMAXモバイルルーターは、ポケットwifiの中では最も高スペックです。

 

1つだけ注意点があり、最新の『Speed Wi-Fi NEXT W06』は有線LAN接続ができません。

WiMAXモバイルルーターで有線LAN接続したい場合は、最新ではなく1つ前の端末『Speed Wi-Fi NEXT WX05』をクレードル(別売り)に乗せることで、有線LAN接続ができるようになります。

 

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

画像引用:どんなときもWiFi

どんなときもWiFi『D1』のスペック

回線の種類

ドコモ・au・ソフトバンク

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

5台

連続通信時間

12時間

速度制限

基本なし

有線LAN接続

×

端末取扱い

(購入 / レンタル)

レンタル

 

2019年に初登場した、ポケットwifi(モバイルルーター)です。

WiMAXのデメリットを補うかのようにリリースされていて、WiMAXが繋がらないエリアで活躍してくれます。

ただWiMAXに比べると出せる通信速度は遅く、接続台数も少なめ

なので自宅で家族で利用すると考えると、WiMAXに比べてややパワー不足は否めません

 

またどんなときもWiFiの注意点としては、端末がレンタルになることです。

WiMAXは端末0円での購入になりますが、どんなときもWiFiはレンタルなので解約時に返却が必要です。

自宅だけの利用で考えているなら気にしなくていいですが、自宅以外でも使うかもしれない場合はくれぐれも紛失・盗難に気をつけてください。

 

ただ、どんなときもWiFiの最大のメリットは、完全に無制限で使えることです。

基本的に毎日たくさん使っても、速度制限されることがありません。

”基本的に”というのは、違法ダウンロードなどの不正利用・著しくネットワークを占領するレベルの大容量通信をした場合は、さすがに速度制限されます。

長時間動画を見続ける、という使い方ぐらいなら問題ないです。

>>どんなときもWiFiを詳しく見る

 

よくばりWiFi

よくばりWiFi

画像引用:よくばりWiFi

よくばりWiFi『U2S』のスペック

回線の種類

ソフトバンク

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

5台

連続通信時間

12時間

速度制限

基本的になし

有線LAN

×

端末取扱い

(購入 / レンタル)

レンタル

 

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiの後を追うかたちで2019年に初登場したwifiです。

どんなときもWiFiに、とてもよく似ていて、よくばりWiFiも完全無制限wifiです。

 

どんなときもWiFiとの違いは、回線の種類と契約期間

どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアですが、よくばりWiFiはソフトバンク回線のみになります。

 

また契約期間は、どんなときもWiFiが2年間の1種類に対し、よくばりWiFiは2年間か契約期間の縛りなしから選ぶことができます。

 

よくばりWiFiの端末もどんなときWiFiと同様にレンタルとなり、解約の時に返却する必要があります。

返却できないと、機器損害金(18,000円)を請求されます。

 

どんなときもWiFiやよくばりWiFiといった完全無制限で使えるポケットwifiは、『【完全無制限wifi】一人暮らしで今一番使えるポケットwifiはコレだ!』で詳しく比較しています。

 

Y!mobileのPocket WiFi

Yモバイル

画像引用:Y!mobile

Y!mobile『Pocket WiFi 803ZT』のスペック

回線の種類

FDD-LTE

AXGP

TDD-LTE

速度

(下り)

866

最大988

速度

(上り)

非公開

接続台数

16台

連続接続時間

12時間

速度制限

条件

3日10GB

速度

概ね1Mbps

有線LAN接続

クレードル必要

端末取扱い

(購入 / レンタル)

購入

速度単位:Mbps

Y!mobileの特徴は、料金設定の基本は7GBになっています。

月額684円を追加して、『アドバンスオプション』に入ると7GB以上使えるようになります。

 

ネクストモバイル

ネクストモバイル

画像引用:ネクストモバイル

NEXT mobile『FS030W』のスペック

回線の種類

ソフトバンク回線

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

15

連続接続時間

20時間

速度制限

なし

有線LAN接続

(クレードル別売り)

 

ネクストモバイルは、どんなときもWiFiが出てくる前はWiMAXの次に人気のポケットwifiでした。

今はネクストモバイルよりも、無制限で使えるどんなときもWiFiの方が圧倒的に人気になっています。

 

ネクストモバイルの特徴は、通信量を20GB・30GB・50GBの3種類から選びます。

契約期間中にプランの変更はできないのがネックとなり、現在は他のポケットwifiと比べると使い勝手がいいとは言えません。

 

契約プラン内であれば、1日で1ヵ月分の50GBでも使えますが、プランの通信量を使い果たしてしまうと、その月はもう使えません。

 

有線LAN接続は、別売りクレードルを購入すればできます。

しかし、ネクストモバイルでは販売されていません。

Amazonや楽天で、『富士ソフト FS030W』専用のクレードルを購入する形になります。

 

工事不要wifiを自宅で使うときの注意点

完全な無制限ではない

工事不要で使えるwifiはとても便利ですが、デメリットもあります。

 

それは『無制限』とうたわれているものでも、完全に無制限ではないということ。

例えばWiMAXは、混雑回避のための3日で10BGという決まりがあり、それを越えると超えた日の翌日夜間だけ速度制限がかかります。

1日で50GBなど大量に使うこともできますが、一応気にしておく必要があります。

 

ソフトバンクエアーには、明確な決まりはありませんが、夜間に速度制限がかかります。

hiro
2019年に発売され人気になった『どんなときもWiFi』は、今のところは完全に無制限で利用できますが、それはユーザー集めのための初期段階だからという可能性もあります。

将来的に、規制がかかる可能性はゼロではないと思います

 

工事不要wifiのQ&A

光回線と迷っています

工事不要で使えるwifiは、光回線のような工事が不要で料金も安くとても手軽に使えますが、先ほど書いたように、光回線のように完全に無制限ではありません。

 

なので、日常的に株取引をしている人・毎日動画をUPするYouTuber・ネット配信をしたい人・自宅でインターネットを使って仕事をしている人には向いていません。

そういう人は、素直に光回線にしておいた方が無難です。

 

オンラインゲームはゲームの種類によりますが、WiMAXなら十分遊べます

ソフトバンクエアーだと厳しいです。

WiMAXを使ったオンラインゲームのレビューはこちらにまとめてあります。

 

自宅がWiMAXのエリアか調べる方法はありますか?

ブロードワイマックス公式サイトのピンポイントエリアマップで確認できます。

 

公式サイトに飛ぶと、右上に『エリア確認』というボタンがあります。

エリア判定

右上の『エリア判定』をタップ

 

『ピンポイントエリア判定』の『フリーワードで検索』に住所を入れて検索すると、ピンポイントで判定できます。

エリア判定

フリーワードに住所を入力しよう

 

自宅で利用する場合は、ざっくりとした住所ではなく住所は最後まで入力した方がいいです。

その方が正確に判定できます。

\ WiMAXのエリア判定してみる/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

WiMAXエリア外でした。次におすすめは何ですか?

WiMAXのエリア判定で×の場合は、モバイルタイプの『どんなときもWiFi』か光回線がよいと思います。

WiMAXのホームルーターと同じように使えるソフトバンクエアーは、WiMAXよりもエリアが狭いことと、解約しづらい・料金が高いといった悪評が多く、全くおすすめできません。

 

WiMAXエリア外の場合は、単身なら『どんなときもWiFi』でいいでしょう。

どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線を使っているので、WiMAXエリア外でも使えます。

>>どんなときもWiFiを詳しく見てみる

 

自宅で使うのに、ホームルーターとモバイルルーターで迷っています

自宅だけで使うと最初から決まっているなら、ホームルーターの方がおすすめです。

 

私は両方使いましたが、ホームルーターの充電しなくていいというのは、想像以上に楽チンでした。

ただコンセントがないと使えないので、当たり前ですが停電のときは使えず、逆にモバイルルーターが役に立ちました。

 

またWiMAXのホームルーターとモバイルルーターを比較した時に、通信速度や安定感はホームルーターの方が上です。

こちらにWiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』と、モバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT W06』を比較した記事を用意しています。

 

また、それぞれ1時間ごとに実測をまとめた記事も用意していますので、参考にしてください。

実測
WiMAX実測
WiMAX2+の実測! スピードテストによるW06・L02の速度・平均値まとめ

WiMAX2+の、実測を知りたいと思いませんか?   WiMAXの理論上の速度(ベストエフォート)は、パンフレットやHPを見れば分かりますが、『実測』は公式に公表されていません。 でも本当に ...

続きを見る

 

【まとめ】工事不要なら、WiMAXホームルーターがもっともおすすめ!

自宅で使うwifiで工事不要のおすすめは、WiMAXのホームルーターです。

ダントツで、スペックが飛び抜けています!

 

WiMAXのエリアが○の人は、迷わずWiMAXホームルーターで良いです。

エリア判定が△や×の場合は、ブロードワイマックスのサポートに相談すると詳しく調査してくれます。

 

それでもどうしてもWiMAXが繋がらないという時は、どんなときもWiFiを選ぶという流れが後悔が少ないと思います。

\ エリア判定してみる /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

メモ

こちらの記事では、持ち運びができるモバイルwifiを『ポケットwifi』と書いています。

ポケットwifiはもともとY!mobileの商品名ですが、現在持ち運びができるタイプのwifiをポケットwifiと認識されていることが多いので、当サイトでもそのように明記しています。

wifi選びは、速度を重視しよう!

ブロードワイマックス

  • WiMAXは、通信速度がモバイル回線の中で一番速い!
  • 最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • ブロードワイマックスは、料金がとにかく安い!
  • ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』が、とにかく神!

WiMAXは、工事不要でが手軽に使えるため、一人暮らしや賃貸住まいにおすすめ!

自宅以外でも使いたいならモバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うならホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、ブロードワイマックス

ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』というサービスが特に素晴らしく、WiMAXが使いづらくなったときに違約金0円で他のモバイルwifiに変更できます。

このサービスを行なっているのは、WiMAXプロバイダの中でブロードワイマックスだけ!

hiro
私は、ブロードワイマックスで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

どんなときもWiFi

  • 完全に無制限で使える(混雑回避のための規制なし)
  • ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリア

 

2019年に発売され、WiMAXのデメリットを補う形で登場したモバイルルーター。

WiMAXより通信速度が劣るが、無制限で使えるのがウリ。

速さはそこまで求めていないけど、広いエリアで使いたい人におすすめ。

ルーターは、モバイルタイプ1種類のみ。

hiro
WiMAXがエリア外だった場合に、第一候補になるモバイルルーターです。

まずは高速通信のWiMAXを検討し、エリアが微妙な時はどんなときもWiFiにするという流れがおすすめ!

-wifiルーターのレビュー

Copyright© 一人暮らしのwifi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.