Wi-Fiルーターのレビュー

Speed Wi-Fi HOME L02が遅いのはなぜ? 原因と対策まとめ

投稿日:2019年8月21日 更新日:

 WiMAX HOME L02遅い

 

WiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』の通信速度が遅いと困っていませんか?

 

Speed Wi-Fi HOME L02は、現在発売されている中で最もスペックの良いホームルーターです。

当サイトにて計測したところ、1日を通しての平均は、下り44Mbps・上り10.81Mbpsでした。

 

L02(下り)実測

L02(上り)実測

グラフの詳細は、こちらの記事を参照してください。

実測
WiMAX実測
WiMAXの実測をズバリ大公開! W06・L02を1時間ごとに計測し比較してみた

WiMAXの、実測を知りたいと思いませんか?   WiMAXの理論上の速さ(ベストエフォート)は、パンフレットやHPを見れば分かりますが、『実測』は公式に公表されていません。 でも本当に知り ...

続きを見る

 

なので「スペックが低くて通信速度が遅い」ということは、考えられません。

遅いのには何かしらの原因があるはずです。

 

こちらの記事では、『今までは速かったのに、急に遅くなった』『最初から(契約直後から)遅い』という2つのパターンにおける対策をまとめています。

 

また、現在『Speed Wi-Fi HOME L02』をまだ持っていない人は、万が一に備えてプロバイダーを選ぶことをおすすめします。

くわしくは、記事後半にある『Speed Wi-Fi HOME L02が遅かったら・・・と心配な方へ』という項目をお読みください。

 

\プロバイダーは、もしもの時を考えて選ぼう/

>>Broadwimax(ブロードワイマックス)を詳しくみる

 

Speed Wi-Fi HOME L02が遅いのは、必ず原因がある

『Speed WiFi HOME L02』が遅いのは、必ず何かしらの原因があります。

その原因を調べる前に、まずは一旦電源を落として再起動してみてください。

再起動だけで、あっさりと解決することも実は多いんですよ。

Wi-Fiさん
再起動といってもHOME L02は電源ボタンがないから、いきなり電源プラグを抜いてOKだよ

 

次に、WiMAX自体に通信障害が起きていないかチェックします。

WiMAXの通信障害状況は、UQのHPで確認できます。

 

地域を選んで検索ボタンを押すと、その地域で通信障害が起きているかがわかります。

通信障害起きている可能性は高くないですが、サイトチェックするだけなのでおかしいと思ったら最初にチェックしてみるといいです。

 

再起動してもだめ、通信障害も起きていない、とわかったら次からの項目を参考にして1つずつ原因を探っていきましょう!

ポイントは、速度を測りながら行うことです。

Wi-Fiさん
感覚で変更していくより、通信速度がどれくらいUPしたのか数値で確認した方が確実!

 

今までは速かったのに、急に遅くなった時の対策

通信速度を確認する

まずはどれくらい遅くなっているか、通信速度を測ってみましょう。

計測アプリは何でもいいですが、私が超低速の120Kbpsになった時でも開けたFASTという速度計測サイトのリンクを貼っておきますね。

タップするだけで、速度計測がはじまります。

>>FASTで速度を測る

 

通信速度が1Mbps程度なら3日10GBの速度制限にかかっている可能性があり、120〜128Kbpsなら月間使用料オーバーになっていると考えられます。

それ以外なら、設定や環境しだいで改善できるでしょう。

 

アプリ・WEBサイトで正確な通信量を確認する

「そんなにたくさんギガを使った記憶がないのに、制限がかかるなんておかしい・・・!」と思うこともあると思います。

 

実は『Speed Wi-Fi HOME L02』は、本体上部についているボタン1つでハイスピードプラスエリアに変更できる仕様になっています。

HOME L02

下の”Mode”というボタンを2上以上押すとHS+Aになります

 

なので、気づかないうちにお子さんがボタンを押してしまうということがあるかもしれません。

またPCやスマホの自動アップデートなど、実は知らない間にたくさんギガを使っていることもあります。

なのでアプリかWEBサイトで正確な通信量を確認してみましょう。

 

『Speed Wi-Fi HOME L02』は、どのプロバイダーで契約していても『HUAWEI HiLink』というアプリで通信量が確認できます

また、HOME L02に繋がっているインターネットで下記のサイトを開いても、通信量が確認できます。

(コピペしてプラウザで見てください)

>>http://speedwifi.home

注意ポイント

HOME L02がつながっていない状態では、WEBサイトは開きません

hiro
初回ログインIDとパスワードは、HOME L02の裏面を見るとわかります
HOME L02

裏面に初回IDとパスワードが書かれています

 

また、HOME L02を契約しているプロバイダーの会員サイトでも通信量は分かりますが、リアルタイムでは更新されません。

リアルタイムの通信量を調べるには、やはり『HUAWEI HiLink』アプリかWEBサイトがよいです。

 

HOME L02通信量カウンター

こちらWEBサイトの通信量カウンターです

 

初回IDとパスワードを入力しログインしたら、設定→通信量カウンターで見れます。

 

WiMAXの速度制限について再確認する

WiMAXの速度制限は、2つあります。

 

WiMAXの速度制限は、2つ
  • 3日で10GBを使うと、超えた翌日の夜間のみ1Mbpsになる
  • ハイスピードプラスエリアを7GB以上使うと、月末まで128Kbpsになる

 

複雑なのが、3日で10GBを使った場合の速度制限です。

これを勘違いしてしまう人はとても多いと感じています。

 

パターン1:3日トータルで10GB使った

3日トータルで10GB使ったとき

WiMAX3日で10GB

これはよくあるパターンですね

画像引用:UQ

 

3日で10GB以上使うと、超えた翌日の18時〜2時のみ、速度制限がかかります。

 

しかし実は、1日で大量にギガを使うこともできます。

 

パターン2:1日に大量にギガを使った

パターン2:1日で大量にギガを消費したとき

WiMAX3日で10GB

3日目に50GB使っています

 

WiMAXは、3日で10GB使うといきなり速度が落ちるわけではないので、1日に大量にギガを使うこともできるわけです。

この場合は、3日目に消費した50GBの影響で、3日間制限されています。

 

hiro
ただしパターン1・2いずれの場合も、1Mbpsの速度制限がかかるのは夜間のみ

昼間は、普通に高速で繋がっています

 

5GHz優先機能をオンにする

『Speed Wi-Fi HOME L02』は、2.4GHz・5GHzの同時接続が可能で、20台ずつ同時接続ができます。(合計で40台)

しかし実は、2.4GHzは家電製品で使われている周波数なので混雑しがちです。

 

そこへHOME L02につなげる時に2.4GHzに繋げてしまうと、さらに混雑して繋がりにくくなってしまうわけですね。

なのでHOME L02につなげる時は、出来るだけ5GHzにつなげた方が、通信品質の低下がおこりにくいです。

 

アプリ・WEBサイトで、5GHz優先機能をONにしておきましょう!

5GHz優先機能をONにしておくと、5GHzに対応している端末を使うときで5GHzの電波レベルが良い時は、自動的に5GHzに接続してくれます。

 

5GHz優先機能をONにする方法

設定 → LAN設定 → セキュリティ設定2.4GHz → 5GHz優先機能をオンにする

 

 

契約直後から遅い時の対策

電波状況を確認する

突然遅くなったのではなく、契約直後から遅いと感じる時は、環境によると考えるのが自然です。

まずは電波状況を確認してみてください。

 

『Speed Wi-Fi HOME L02』は、基地局からの電波をキャッチし、キャッチした電波をスマホなどの機器へ飛ばしています。

HOME L02は、4本の高感度アンテナを搭載していて基地局からの電波を受信しやすくなっていますが、きちんと受信できているか確認してみましょう。

 

『Speed Wi-Fi HOME L02』の本体を見ると、LEDランプの色と点灯パターンで、現在の状態を知らせています

電波状況を確認したい時は、一番上の電波マークをみてみてください。

HOME L02電波レベル

よく見ると4段階になっています

 

受信レベル1〜4で表示されています。

電波マークのランプが全く付いていない場合は、圏外かICカードがきちんと挿入されていません。

 

ルーターを置く場所を変更する

電波は受信しているけれど受信レベルが低いときは、『Speed Wi-Fi HOME L02』を置く場所を変更してください。

 

まず、窓がない・窓から遠い・棚の中では基地局からの電波をキャッチしにくいと言われています。

またせっかく窓際においても、窓際の床では障害物がたくさんあってキャッチした電波を機器に飛ばしにくいこともあります。

 

なので基地局からの電波をキャッチしやすく『Speed Wi-Fi HOME L02』の特徴である360°に電波を飛ばすことを考えると、出来るだけ窓よりの高さがあって、見通しがよい場所がいいです。

またできるだけ電波干渉を避けるために、他の電子機器がそばにない方がいいです。

hiro
と言っても、私は何も考えずに床に直置きしましたが、高速で使えました。

WiMAXエリア内であれば、そんなに神経質になる必要はないのかなと感じています

HOME L02

 

Wi-Fiさん
HOME L02の置き場所を決めるのに便利なのが、ベストポジション機能!

 

そう、『Speed Wi-Fi HOME L02』にはベストポジションという機能がついています。

これも、『HUAWEI HiLink』アプリから見れます。

 

WiMAX W06ベストポジション

アプリをみながら、電波が良い場所を探そう

 

アプリを起動し、『Speed Wi-Fi HOME L02』を動かしながら、ベストな場所を探してみてください。

 

付属のLANケーブルで有線接続する

次に付属のLANケーブルと、繋げたい機器を有線接続してみましょう。

WiMAXと機器を有線接続すれば、少なくとも基地局→WiMAX→繋げたい機器のうち、WiMAX→繋げたい機器が解決します。

 

なのでLANケーブルを使っても速度が遅いのであれば、原因は基地局→WiMAXだとわかります。

また逆に、LANケーブルを使ったら速度が改善したのであれば、WiMAX→繋げたい機器に問題があったことが分かります。

 

LANケーブル(Ethernetケーブル)は、Speed Wi-Fi HOME L02に付属しています。

ルーターの後ろにある『LAN』と書いてあるポートに、LANケーブルを差し込んで繋げたい機器を有線接続してみましょう!

HOME L02

LANポートは2つ付いてます

 

通信ドライバは不要です。

 

Speed Wi-Fi HOME L02のランプの意味

『Speed Wi-Fi HOME L02』のランプの意味もよくわからないですよね・・・

 

こちらは、本体と一緒に入っていた『はじめてガイド』に書かれています。

HOME L02のランプ

 

Speed Wi-Fi HOME L02が遅かったら・・・と心配な方へ

もしあなたが、WiMAXを契約する前で、Speed Wi-Fi HOME L02にしようかと悩んでこの記事にたどり着いたのであれば、超ラッキーです。

 

最初に書いたように、『Speed Wi-Fi HOME L02』は現在発売されている中で最も性能が良いホームルーターです。

WiMAX L02
『Speed Wi-Fi HOME L02』のレビュー! 各部屋における実測を大公開

こんにちは、【一人暮らしのWi-Fi選び】管理人のhiroです。 『Speed Wi-Fi HOME L02』が実際どれくらい使えるホームルーターなのか、気になりませんか?   こちらの記事 ...

続きを見る

 

なのでWiMAXエリア内であれば使えないということはないと考えてOK!

ただ最低限、エリア確認は行ってから申し込むようにしてください。

 

WiMAXのエリアは、こちらのサイトのエリア確認というところでピンポイント検索できます。

 

Broad WiMAX

PCなら画面右上、スマホなら画面下にある『エリア確認』をタップ

 

エリア判定○であれば、そのまま申し込んでOKです。

\エリア確認してみる/

>>Broadwimax(ブロードワイマックス)を詳しくみる

 

またエリア判定○で契約しても、使っていく中でうまく基地局からの電波が受信できなくなったり、光回線に乗り換えたいなど思う時がくるかもしれません。

将来的に、WiMAXが繋がりにくいエリアに引っ越す可能性もありますよね。

 

WiMAXは手軽にインターネットが使える便利さとお手頃価格で、一人暮らしや賃貸住まいの人にとても人気です。

しかし将来的に、光回線に乗り換えたいと思った時のことを考えてプロバイダーは決めておいた方が安心です。

だって「解約違約金がネックになって、他の回線に乗り換えできない」となったらイヤだからです・・・

 

実はWiMAXプロバイダーの中で、唯一Broad WiMAXだけが、解約時に違約金がかからないというサービスを行っています。

いつでも解約サポート

 

『いつでも解約サポート』というのですが、Broad WiMAXで契約している人であれば、文字通りいつでも解約できます。

条件はBroad WiMAXの窓口から乗り換え先に申し込むことだけで、オプション費用などは一切かかりません。

いつでも解約サポートについて詳しく知りたい場合は、別記事を用意していますので気になる方はそちらをご覧ください。

 

いつでも解約サポートは、用意があると安心なサービスです。

こんな便利なサービスがついているのに、Broad WiMAXは3年間の総額が安い!

 

WiMAX実質月額料金11月

 

私はさんざん料金やサービスを比較した結果、Broad WiMAXにしました!

そして現在進行形で使っていて、不満に思っていることは何もないです。

 

チャット・電話共にサポートも繋がりやすいですし、とても丁寧!

\ HOME L02なら、Broad WiMAXが良い /

>>Broadwimax(ブロードワイマックス)を詳しくみる

 

Broad WiMAXのレビュー記事も書いていますので、合わせて参考にしてください。

レビュー
【ブロード ワイマックスの評価】ヘビーユーザーの口コミレビュー・デメリットも紹介

hiro最初の3ヶ月間はギガ放題にして、どれくらい使うか見ておくといいです。 WiMAX本体でカウンターをまわせば、使用量が分かります。   ちなみに指定オプションの解約や料金プランの変更は ...

続きを見る

 

Wi-Fi選びは、速度を重視しよう!

Broad WiMAX

  • 通信速度が、モバイル回線の中で一番速い!
  • Broad WiMAXなら、最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • 3年間の総額が、とにかく安い

工事不要でが手軽に使えるWiMAXは、一人暮らしや賃貸住まいに特におすすめ!

自宅以外でも使いたいなら『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うなら『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、Broad WiMAX

hiro
私は、Broad WiMAXで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

どんなときもWiFi

  • 無制限で使える(混雑回避のための規制なし)
  • ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリア
  • 2年間3,480円(税抜・クレジットカード払いのとき)

 

2019年に発売され、WiMAXのデメリットを補う形で登場したモバイルルーター。

WiMAXより通信速度が劣るが、無制限で使えるのがウリ。

速さはそこまで求めていないけど、広いエリアで使いたい人におすすめ。

ルーターは、モバイルタイプ1種類のみ。

hiro
WiMAXのエリア外だった場合に、第一候補になるモバイルルーターです。

まずは高速通信のWiMAXを検討し、エリアが微妙な時に選ぶという流れがおすすめ!

-Wi-Fiルーターのレビュー

Copyright© 一人暮らしのWi-Fi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.