Wi-Fiの選び方

ポケットwifiルーターのおすすめはどれ? 無制限で使いたい!

投稿日:2019年10月22日 更新日:

ポケットWi-Fi

月間利用できる通信量が無制限のポケットwifiルーターを探していますか?

 

ネットを見ていると『無制限のポケットwifi』とうたわれてるのに、実際には30GBまでというように上限が決まっていたり、小さな注意書きで速度制限について書かれているため、とてもわかりづらいですよね。

 

こちらの記事では、ポケットwifiルーターを無制限で使いたい人に向けて、ポケットwifiルーターでいう『無制限』の意味とおすすめのwifiルーターをまとめました。

 

ポケットwifiルーターを無制限で使いたい

ポケットwifiルーターを無制限で使いたい場合は、完全無制限か、高速通信かの2択。

完全に無制限で使いたいなら『どんなときもWiFi』で、高速通信を重視するなら『WiMAX』です。

>>完全に無制限『どんなときもWiFi』を詳しく見る

 

ポケットwifiルーター”無制限”の真実

ポケットwifiルーターは、販売ページで『無制限』と書かれていますが、無制限の意味合いが各社異なっています

ポケットwifiでいう無制限の意味合いは、大きく分けると3つ。

 

ポケットwifiにおける『無制限』とは?
  • 完全に無制限で使える(速度が落ちない)
  • 無制限で使える(通信できる)が、決まりを越えると速度制限がある
  • 月間上限内なら、無制限で使える

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しく解説いたします。

 

完全に無制限で使えるWi-Fi

『どんなときもWiFi』『よくばりWiFi』『mugen WiFi』がこれにあたります。

無制限で使えて、どこでも繋がりやすいです!

 

違法ダウンロードなどの不正利用・著しくネットワークを占領するレベルの大容量通信をすると、さすがに速度制限されますが、普通に使っている分なら大丈夫。

長時間動画を見続ける、という使い方ぐらいなら問題ないです。

 

しかし完全に無制限で使えるWi-Fiのデメリットもお伝えすると、出せる通信速度はWiMAXには及びません

 

無制限で使える(通信できる)が、決まりを越えると速度制限があるWi-Fi

『WiMAX』『Y!mobile』がこちらにあたります。

 

WiMAXは、無制限で使えます(通信はできます)が、3日で10GB以上使うと翌日夜に限り速度制限がかかります。

言い換えると、無制限で使えるけど、高速のまま無制限で使える訳ではないということですね。

 

しかし普段の通信速度は、ポケットwifiの中で一番速いです。

ルーター自体のスペックが高く、完全無制限で使える『どんなときもWiFi』より出せる通信速度が桁違いに速いです。

 

Wi-Fiの速度

 

\ 通信速度がダントツに速いのはWiMAX /

>>Broadwimax(ブロードワイマックス)を詳しくみる

hiro
最初に『完全に無制限』を取るか『高速通信』を取るかといったのは、こういう理由です

 

WiMAXと同じように、3日10GB制限があるものの無制限で使えるWi-Fiは、他に『Y!mobile』があります。

Y!mobileのポケットwifiは、デフォルトでは7GB契約ですが、月額684円を追加して『アドバンスオプション』に入ると7GB以上使えるようになります。

 

月間上限内なら無制限で使えるWi-Fi

『ネクストモバイル』『ドコモのモバイルルーター』『NOZOMI WiFi』がこれにあたります。

料金を考えなければ、キャリアの大容量と考え方は同じです。

 

例えば月間30GBまでの契約なら、たった1日で30GB使うこともできます。

日ごとの制限はなく、契約したプラン内であれば無制限で使える、という意味ですね。

 

しかし当然ながら契約プランの上限まで使ってしまうと、その月は使い物になりません。

WiMAXと違って1日待っても復活しませんし、スマホと違って追加でギガを買うこともできません。

hiro
最近はスマホの大容量プランが出てきているので、ポケットWi-Fiで中途半端に上限があるものを選ぶのは、買う意味がありません。

ドコモのモバイルルーターは30GB・ネクストモバイルは50GB・NOZOMI WiFiは100GBが上限です

 

完全無制限 VS 高速通信! あなたはどっち派?

hiro
次に、完全に無制限・高速通信・月額上限ありで最もおすすめのWi-Fiを、料金・スペック比較しました

 

無制限Wi-Fiを比較
無制限Wi-Fiを比較

 

なおWiMAXの料金はBroad WiMAXギガ放題で、3年間の総額を元に平均の月額料金を計算しています。

 

完全に無制限なら:どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

画像引用:どんなときもWiFi

どんなときもWiFi『D1』のスペック

端末

D1のみ

回線の種類

ドコモ・au・ソフトバンク

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

5台

連続通信時間

12時間

速度制限

基本なし

有線LAN接続

×

契約期間

2年

端末取扱い

(購入 / レンタル)

レンタル

月額料金

3,480円

 

2019年に初登場した、ポケットWi-Fi(モバイルルーター)です。

どんなときもWiFiの最大のメリットは、速度制限がないまま無制限で使えることです。

>>『どんなときもWiFi』を詳しく見る

 

例えば違法ダウンロードなどの不正利用・著しくネットワークを占領するレベルの大容量通信をした場合は、さすがに速度制限されますが、長時間動画を見続ける、という使い方ぐらいなら問題なく使い続けられます。

 

またドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリアを採用していて、その場所で繋がりやすい会社の回線を拾ってくれるのでどこでも繋がります。

例えば、ソフトバンク回線が繋がりにくいところでは、自動的にドコモ・auの電波を拾ってくれます。

なのでどんなときもWiFiは、他のWi-Fiに比べてどんな場所でも繋がりやすいWi-Fiと言えます。

 

一方、完全に無制限で使える『どんなときもWiFi』にも、いくつか注意点があります。

まずルーターは選ぶことができず、現在発売されているのはD1という1種類のみ。

 

そして出せる通信速度は150Mbpsで、次に紹介するWiMAXと比べると若干パワー不足は否めません。

 

そして見落としがちな点が、どんなときもWiFiの端末は、新品レンタルになります。

契約期間に関わらず、解約時に返却が必要です。

hiro
ポケットWi-Fiは、持ち運んで使うものです。

お酒を飲んで電車の中に忘れた・無くしたという人が時々います。

スマートタグをつけるなどして、紛失・盗難には気をつけるようにしてください

 

『どんなときもWiFi』のあとを追うように、出てきたWi-Fiが『よくばりWiFi』と『mugen WiFiI』です。

使っている端末名は異なりますが、実は全く同じルーターを使います。

 

使うルーターは同じですが、どんなときもWiFiだけがドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアを採用していて、他はソフトバンク回線のみ

なので、完全に無制限で使いたいなら『どんなときもWiFi』がおすすめなんです!

>>タップして『どんなときもWiFi』を詳しく見る

 

『どんなときもWiFi』と『よくばりWiFi』『mugen WiFi』は、契約期間や月額料金など少しずつ異なります。

どんなときもWiFiより月額料金は少しだけ安いですが、回線の種類や運営会社・解約時の違約金などトータルに考えてどんなときもWiFiの方がおすすめなので、混乱しないようにあえて記事をたたんであります。

興味ある方だけ、ご覧になってください。

 

よくばりWiFiとは

 

よくばりWiFi

よくばりWiFi

画像引用:よくばりWiFi

 

よくばりWiFi『U2S』のスペック

端末

U2S

回線の種類

ソフトバンク

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

5台

連続通信時間

12時間

速度制限

基本的になし

有線LAN

×

契約期間

2年 / 縛りなし

端末取扱い

(購入 / レンタル)

レンタル

月額料金

3,450円 /2年

4,880円 / 縛りなし

 

よくばりWiFiは、どんなときもWiFiの後を追うかたちで2019年に初登場したWi-Fiで、どんなときもWiFiに、とてもよく似ています。

 

どんなときもWiFiとの違いは、回線の種類と契約期間

どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアですが、よくばりWiFiはソフトバンク回線のみになります。

契約期間は、縛りなしというプランが用意されていますが、縛りなしだと解約時の違約金がない代わりに月額料金が高く設定されています。

 

またよくばりWiFiの端末もどんなときWiFiと同様にレンタルとなり、解約の時に返却する必要があります。

返却できないと、機器損害金(18,000円)を請求されます。

 

 

mugen WiFiとは

mugen WiFi

mugen Wi-Fi

画像引用:mugen WiFi

 

mugen WiFi『U2S』のスペック

端末

U2S

回線の種類

大手回線

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

5台

連続通信時間

12時間

速度制限

基本的になし

有線LAN

×

契約期間

2年

端末取扱い

(購入 / レンタル)

レンタル

月額料金

3,280円

 

どんなときもWiFi・よくばりWiFiが出てきたあと、2019年10月に販売開始されたばかりのサービスです。

『mugen WiFi』もどんなときもWiFi・よくばりWiFiと同じルーターを使っています。

 

回線の種類は、「日本全国で最もエリアの大きい大手キャリアの回線」と書かれていました。

なぜこんな書き方をしているのか、意味不明ですが、おそらくソフトバンク回線と思いますね。

 

mugen WiFiのメリットは、30日間全額返金キャンペーンがあること。

通常Wi-Fi契約の初期契約解除(クーリングオフ)は、8日以内に連絡が必要ですが、『mugen WiFi』は約1ヶ月間もお試し期間があります。

 

契約期間は『どんなときもWiFi』と同じ2年間ですが、解約時の違約金が飛び抜けて高額なので注意が必要。

mugen Wi-Fi

 

また私が気になったのは、運営会社がよくわからないことです。

設立も2019年6月と新しいですし、販売ページに書かれていた場所を調べてみたところ、事務所というより1ルームのSOHOマンションでした。

hiro
おそらく個人レベルの会社だと思います。

『どんなときもWiFi』は、Broad WiMAXを扱っている会社の子会社が販売していて安心感があるため、そういう意味でもどんなときもWiFiの方がおすすめ!

 

 

高速通信なら:WiMAX!

WiMAXモバイルルーター

 

WiMAX『Speed Wi-Fi NEXT W06』のスペック

回線の種類

WiMAX2+

au 4G LTE

速度

(下り)

HS

558

HS+A

1,237

速度

(上り)

HS

30

HS+A

75

接続台数

Wi-Fi:16台

USB:1台

連続通信時間

9時間

速度制限

条件

3日で10GB

速度

概ね1Mbps

契約期間

3年

有線LAN接続

×

端末取扱い

(購入 / レンタル)

0円購入

速度単位:Mbps

 

完全無制限ではありませんが、3日で10GBの決まりさえ納得できれば一番おすすめ!

おすすめの理由は、ルーターが出せる速度も速いですが実測ベースでもかなり速いからです。

W06通信速度

1日を通しての平均は、下り36Mbps

 

上のグラフは、『WiMAXの実測をズバリ大公開! W06・L02を1時間ごとに計測し比較してみた』に詳しいデータを載せています。

 

私はWiMAXを購入する前、『3日で10GB』という決まりがとても気になっていました。

「3日で10GBってすぐに上限になるの?それともあまりならないの?」と。

hiro
結論をいうと、大画面TVでアマゾンプライムを高画質ストリーミング再生で長時間見る、YouTubeライブの配信したい人は適していません。

しかしそれ以外なら、問題なく使えます。

スマホやPCサイズでの動画サイト閲覧・YouTubeライブを見る側なら、問題なかったです!

詳しくは、動画サイトの通信量を調査した記事がありますので、参考にしてください。

 

また3日10GB以上使うと超えた翌日の夜間(18:00〜2:00くらい)に速度制限された時でも、オンラインゲーム(スマブラ)がラグ無くプレイできるくらいなので、想像以上に普通に使えます。

 

WiMAXの速度制限

WiMAXの速度制限

3日トータルで10GBを使うと、翌日夜間だけ速度制限されています

 

また反対の言い方をすると、10GBを超えた当日は制限がかからないので、1日50GBなど大量に使うこともできます。

 

WiMAXの速度制限

3日トータルで10GBを切るまで、制限はされますが・・・

 

なのでソフトのダウンロードやアップロードもできます。

ただダウンロード・アップロードするときは、翌日速度が落ちたとしても問題ない日に行うといいです。

 

またWiMAXモバイルタイプで有線LAN接続したい場合は、別売りクレードルがあるものを選んでください。

ちなみに最新の『Speed Wi-Fi NEXT W06』にはクレードルがないので、有線LAN接続はできません。

オンラインゲームなどで有線LAN接続をしたいなら、1つ前の『Speed Wi-Fi NEXT WX05』を選ぶといいでしょう。

 

ただ、最新ルーターは受信感度がとても良いですし。有線LANなくてもオンラインゲームはできています。

こちらにWiMAXでオンラインゲームをした様子をまとめていますので、参考にしてください。

 

またWiMAXと同じように、3日10GBの決まりがあるのは、Y!mobileのポケットWi-Fiです。

hiro
上りの通信速度が非公開なことと、ルーターが有料かつ月額料金が高いので、比較するとWiMAXの方がおすすめ!

\ こちらのW06を使用中 /

>>Broadwimax(ブロードワイマックス)を詳しくみる

 

Y!mobileとは

Y!mobile

Yモバイル

画像引用:Y!mobile

 

Y!mobile『Pocket WiFi 803ZT』のスペック

回線の種類

FDD-LTE

AXGP

TDD-LTE

速度

(下り)

866

最大988

速度

(上り)

非公開

接続台数

16台

連続接続時間

12時間

速度制限

条件

3日10GB

速度

概ね1Mbps

有線LAN接続

クレードル必要

契約期間

縛りなし

端末取扱い

(購入 / レンタル)

購入

21,384円

月額料金

4,380円*

速度単位:Mbps

※ 月額料金はアドバンスオプション込

 

Y!mobileの特徴は、料金設定の基本は7GBになっています。

制限なしで使いたい場合は、月額料金+684円で『アドバンスオプション』に入る必要があります。

 

無制限の条件は、WiMAXと同じです。

契約期間の縛りはありませんが、ルーターの料金がかかることと月額料金の高さがネックです。

 

 

月間上限ありなら:ネクストモバイル

ネクストモバイル

画像引用:ネクストモバイル

 

NEXT mobile『FS030W』のスペック

端末

FS030W

回線の種類

ソフトバンク

速度

(下り)

150

速度

(上り)

50

接続台数

15

連続接続時間

20時間

月間利用料

20・30・50GB

速度制限

なし

有線LAN接続

(クレードル別売り)

契約期間

2年

端末取扱い

(購入 /レンタル)

0円購入

月額料金

2,760円 / 20GB

3,490円 / 30GB

4,185円 / 50GB

 

ネクストモバイルは、どんなときもWiFiが出てくる前はWiMAXの次に人気のポケットWi-Fiでした。

今はネクストモバイルよりも、無制限で使えるどんなときもWiFiの方が圧倒的に人気になっています。

 

ネクストモバイルの特徴は、通信量を20GB・30GB・50GBの3種類から選びます。

契約期間中にプランの変更はできないのがネックとなり、現在は他のポケットWi-Fiと比べると使い勝手がいいとは言えません。

 

契約プラン内であれば、1日で1ヵ月分の50GBでも使えますが、プランの通信量を使い果たしてしまうと、その月はもう使えません。

 

有線LAN接続は、別売りクレードルを購入すればできます。

しかし、ネクストモバイルでは販売されていません。

Amazonや楽天で、『富士ソフト FS030W』専用のクレードルを購入する形になります。

 

その他のWi-Fiは、かなり微妙

FUJI Wi-Fi

完全無制限プラン・WiMAX2+プラン・月間上限が決まっているプランの3パターンの用意があります。

契約期間の縛りはありません。

 

ルーターはレンタルで、ランダムに発送されるためルーターを指定することはできません。

プランによってもルーターが異なります。

 

SPACE Wi-Fi

民泊関連事業を行う会社が出したWi-Fiです。

契約期間の縛りはありませんが、こちらもルーターを選ぶことはできません。

届いた端末がWiMAXなら3日10GB、Y!mobileのPocketWiFiなら1日3GBの決まりがあります。

 

縛りなしWiFi

使い放題と書いてありますが、1日2GBを越えると当日速度制限がかかります。

契約期間の縛りなしと、3年契約から選べます。

ルーターの指定はできません。

 

運営会社を調べてみたのですが、詳しい会社の情報が出てきませんでした。

 

STAR WiFi

現在は完全無制限で使えるようですが、将来に渡って完全無制限かは不明。

ルーターはレンタルで、やはりルーターを選ぶことはできません。

 

こちらも小さな会社のようで、会社設立や会社概要が出てきませんでした。

 

Wi-Fiレンタルどっとこむ

ルーターの指定ができ、選ぶルーターによって通信容量や料金が変わります。

無制限で使えるものもあります。

 

ルーターを選ぶことができるのは魅力ですが、海外居住者の一時帰国のような使い方が適しているので、月額料金と考えると高く設定されています。

 

【まとめ】完全無制限なら、どんなときもWiFiがおすすめ!

ポケットWi-Fiを扱う会社は数多くあり、新しいサービスも次々出てきます。

しかし今回調べてみたところ、契約するには不安になるような個人レベルの小さな会社がとても多いことに気づきました。

 

ポケットWi-Fiは数年単位で契約するものなので、故障した時・紛失した時・解約したいときなど必ずサポートが必要になります。

本や洋服ならそのとき買うだけなので、会社の規模は気にしなくても問題になりませんが、ポケットWi-Fiに関しては料金だけを見るのではなく、ある程度の規模で信頼のおける会社のWi-Fiを選んだ方が、後悔がないです。

 

そういう意味においても、完全無制限ならどんなときもWiFiがいいです。

hiro
総合的に考えて、完全無制限ならどんなときもWiFi・高速通信ならWiMAXをおすすめします!

>>どんなときもWiFi公式サイトへ

>>Broadwimax公式サイトへ

 

Wi-Fi選びは、速度を重視しよう!

Broad WiMAX

  • 通信速度が、モバイル回線の中で一番速い!
  • Broad WiMAXなら、最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • 3年間の総額が、とにかく安い

工事不要でが手軽に使えるWiMAXは、一人暮らしや賃貸住まいに特におすすめ!

自宅以外でも使いたいなら『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うなら『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、Broad WiMAX

hiro
私は、Broad WiMAXで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

どんなときもWiFi

  • 無制限で使える(混雑回避のための規制なし)
  • ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリア
  • 2年間3,480円(税抜・クレジットカード払いのとき)

 

2019年に発売され、WiMAXのデメリットを補う形で登場したモバイルルーター。

WiMAXより通信速度が劣るが、無制限で使えるのがウリ。

速さはそこまで求めていないけど、広いエリアで使いたい人におすすめ。

ルーターは、モバイルタイプ1種類のみ。

hiro
WiMAXのエリア外だった場合に、第一候補になるモバイルルーターです。

まずは高速通信のWiMAXを検討し、エリアが微妙な時に選ぶという流れがおすすめ!

-Wi-Fiの選び方

Copyright© 一人暮らしのWi-Fi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.