Wi-Fiルーターのレビュー

【Speed Wi-Fi NEXT W06】のレビュー! 有線LANなしでも買い? 自宅での速度も測ってみた

投稿日:2019年7月19日 更新日:

WiMAX W06レビュー

 

現在販売中の『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、モバイルルーターの中で最速です!

しかし、W06にはクレードルが付いていないため、買うべきか悩んでいる人も多いのでは?

こちらの記事では、実際に使っているからこそわかる『Speed Wi-Fi NEXT W06』のレビューを書きます。

 

当サイトでは、メリットだけではなくデメリットもきちんとお伝えします。

ぜひWiMAXの端末選びの参考にしてください。

\ こちらで契約したW06を使用中 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

【Speed Wi-Fi NEXT W06】使っている率直レビュー

2019年現在、WiMAXのモバイルタイプを買うなら『Speed Wi-Fi NEXT W06』でOKです!

買ってよかったです。

\W06を買うならBroad WiMAX/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

自宅でも通信速度が速く、安定している(実測あり)

『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、発売されているWiMAXモバイルルーターの中で、下りの通信速度が最も速いです。

 

W06とWX05の最大通信速度の違い

 

W06

WX05

端末

W06 WX05

通信速度

下り

HS

558

440

HS+A

1,237

通信速度

上り

HS

30

30

HS+A

75

75

単位:Mbps

 

W06の超高速通信はベストエフォートです。

hiro
W06に限らず、基本的にパンフレットに出ている最大通信速度は出ません

設定を変更したとしても、最大値を叩き出すのは厳しいです。

でも、それでも十分なんです!

 

私はWiMAXを主に外出用として使っています。

自宅には光回線もあって、自宅にいる時は光回線を使ったり光が届きにくい部屋でWiMAXを使ったりしているのですが、体感的に光回線と変わらないです。

主にネット閲覧やYouTube動画・アマゾンプライム・Tver・SNSをしているのですが、WiMAXで遅いと感じたことはありません。

 

WiMAX W06ビームフォーミング

W06にはビームフォーミング搭載で、電波をダイレクトに届けてくれる♪

 

hiro
これは、『Speed Wi-Fi NEXT W06』の通信速度の速さと、W06に搭載されたビームフォーミング機能のおかげなんじゃないかなぁ。

表示されている最大通信速度は出なくても、なんら困っていない。むしろ満足しているということです!

 

ちなみに我が家での実測値を測ってみたところ、平日で平均36Mbps出ていました。

W06通信速度

詳しくは、『WiMAXの実測をズバリ大公開! W06・L02を1時間ごとに計測し比較してみた』で、1時間ごとに計測した様子を書いています。

 

ハイスピードモード(WiMAX2+)でほとんど賄える

『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、ハイスピードモード(WiMAX2+)とハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)を選んで繋ぐことができます。

 

ハイスピードモード・ハイスピードプラスエリアモードの違い

 

回線

データ量

利用シーン

HS

WiMAX2+

ギガ放題:無制限
※ 3日10GB制限あり

ライト:7GB / 月

通常

HS+A

au 4G LTE

ギガ放題・ライト共に

7GB / 月

HSで繋がりにくい時

※ ここからはハイスピードモードをHS、ハイスピードプラスエリアモードをHS+Aと表します

 

通常は制限なしで使えるHSにしておき、HSで繋がらないエリアにいるときにHS+Aに切り替えて使います。

 

そのように使う理由は、ギガ放題でもHS+Aは月間7GBまでの利用だからです。

hiro
私は横浜に住んでいて、はっきり言ってHS+Aに頼る機会がほとんどありません。

伊豆に旅行に行った時、完全に圏外マークが出て初めて使ったくらいです

ちなみに私の知人はW01を使っているのですが、常にHS+Aにしているそうです。

知人が住んでいるエリアは地方ということもありますが、端末のスペックも関係していると思いますね。

 

”通信モード自動切替機能”で、通信制限の心配がなくなる

『Speed Wi-Fi NEXT W06』には、『通信モード自動切替』という機能がついています。

 

通信モード自動切替とは?

あらかじめ設定したデータ量になると、HS+AモードからHSモードへ自動的に切り替わる機能。

W06本体 → 『通信モード自動切替』

 

HS+Aで使う場合は、この機能も一緒にONにしておきましょう。

hiro
通信モード自動切替をONにしておけば、HS+Aで7GBを越えることはないので、速度制限にかかりません。

デフォルト設定は、最大データ通信設定が7GB、HSに切り替わるデータ通信量設定が90%(6.3GB)になっています。

これは、HS+Aで6.3GB使うと自動的に HSに切り替わるという設定です

 

スマホアプリと連動すれば、使いやすさがUP

W06は、無料のスマホアプリ『HUAWEI HiLink』と連動して使うことができます。

例えばアプリを使うと、WiMAXをカバンから出すことなくスマホで設定を変えられます。

 

またスマホアプリには、『ベストポジション』という機能がついています。

これはスマホ画面を見ながらW06を動かして、リアルタイムで電波が良い場所を探せる機能です。

W06のベストポジション機能

少し動かすだけで、電波が強弱する様子がわかります

 

hiro
ベストポジション機能は、 W06を室内で使うときに重宝します。

少し動かすだけで電波の強弱が変わるので、電波が安定しないときはアプリを使ってベストな場所を探してみてください

 

直感で操作できる、滑らかなタッチ操作

『Speed Wi-Fi NEXT W06』の操作方法はとてもシンプルで、説明書を読まなくても直感で操作できます。

タッチも滑らかで、スマホを触っているみたい!

 

【Speed Wi-Fi NEXT W06】改善してほしい不満(デメリット)

次に『Speed Wi-Fi NEXT W06』のぜひ改善してほしい点をあげて行きます。

当サイトはWiMAXの販売店ではありませんから、ユーザーの一人として気付いたことは全て言っちゃいますw

 

充電ケーブルは付属にしてほしい

『Speed Wi-Fi NEXT W06』には充電ケーブルが付いていません。

タイプC変換コネクタのみが付属で、充電ケーブルは自分で用意する必要があります。

 

WiMAX W06レビュー

自宅に余っていたUSBケーブルがあったので、付属のタイプC変換コネクタを付けて充電

 

モバイルルーターでは充電は必ず行うことなので、充電ケーブルは付いていた方が嬉しいですね。

 

デフォルト設定では、Wi-Fi接続が切れる

結構W06を使用中のユーザーで、悩んでいる人が多い項目です。

私の場合は、スマホをWiMAXに繋げたままスリープ状態になると、次スマホを使うときにWi-Fiではなく4Gに繋がっているという症状がありました。

 

これは、WiMAXとスマホ両方の設定を変更したら、Wi-Fi接続が切れる症状が改善しました。

WiMAXの設定

設定 → 省電力設定 → Wi-Fi自動停止時間 →『Wi-Fi自動停止なし』

 

デフォルトでは、Wi-Fi自動停止時間が10分に設定されています。10分経つと自然にWi-Fiが切れる設定です。

これを『自動停止なし』に変更します。

 

私の場合はこれだけでは改善しなかったので、今度はスマホの設定を確認しました。

するとスマホ側の設定では、『自動設定がOFF』になっていました。

これをONにします。

 

スマホの設定(iphoneの場合)

設定 → Wi-Fi → SSIDの隣りにあるiをタップ → 自動接続をON

 

設定画面からWi-Fiをタップすると、WiMAXのSSIDが出てきます。

次に、WiMAXのSSIDの右にある『 i 』というのをタップします。

W06

一番右の『i』というのをタップ

 

なぜか、WiMAXのSSIDだけが自動接続OFFになっていたのでONにします。

 

W06

自動設定をONにしました!

 

これで、自動で接続が切れるという症状が無くなりました。

hiro
例えばフリーWi-Fiなど、繋ぎたくないSSIDに自動接続されてしまう時も、同じ手順で自動接続をOFFにしておくといいですよ

 

あったら嬉しい!こんな機能

バッテリー残量を%で表示してほしい

『Speed Wi-Fi NEXT W06』では、おなじみの電池マークでバッテリー残量が出ます。

 

WiMAX W06のバッテリー残量

こんな風に電池マークでバッテリー残量を表示

 

しかしこれではざっくりとした残量しかわからないので、PCのように%表示までされていると便利だと思いませんか?

W06

私のMacです。数字が入っていた方が分かりやすいですよね・・・

 

hiro
あ!改めてみると、iphoneもこの電池マークだけなんですね・・・

なら気にしすぎなのかなぁ

 

ワイヤレス充電

『Speed Wi-Fi NEXT W06』を充電する時に、いちいちケーブルに繋ぐのは面倒くさいです。

クレードルのように、ポンと置くだけで充電できるようなのがあれば便利だと思いますね。

 

ワンタッチでHS+Aに切り替わる機能

HSからHS+Aに変更する時に、『通信モード設定 → ハイスピードプラスエリア → チェックマークで保存』という流れが地味に手間です。

なのでW06の待受画面から、ワンタッチでHS+Aに切り替えができるといいと思います。

 

バッテリー交換

W06はバッテリー交換ができません。

しかしWiMAXを毎日朝から晩まで使うヘビーユーザーもいるので、バッテリーがへたってしまった時のことを考えて、バッテリーを交換できたら便利だと思います。

Wi-Fiさん
Broad WiMAXなら、20ヶ月使うと無料で機種変更できるので、2年経たずに新機種に交換できるよ

 

クレードルで有線LAN接続

W06はクレードルがないので、有線LAN接続ができません。

なのでどうしても有線LAN接続したい人は、W06は選ぶべきではありません。

 

でも逆にいうと、有線LAN接続しなくても十分繋がるということなのですが、やはり有線LAN接続したい人もいると思うので、あったらいいなという機能に入れておきます。

 

【Speed Wi-Fi NEXT W06】に対するみんなの評価・口コミ

私は、『Speed Wi-Fi NEXT W06』を買ってとても満足しています。

他のユーザーの口コミも見てみましたので紹介します。

 

W06のスペック・仕様まとめ

WiMAXのモバイルルーターは、現在HUAWEI製のWシリーズNEC製のWXシリーズがあります。

 

今回レビューしているW06はHUAWEI製で、全機種はW05です。

モバイルルーターは、Wシリーズの他にNEC製のWX05も発売されています。

 

まずはこの3つのスペックを、まとめて比較します。

W06・W05・WX05のスペックを比較

 

W06

 W05

WX05

端末

W06 W05 WX05

通信速度

下り

HS

558

558

440

HS+A

1,237

758

通信速度

上り

HS

30

30

30

HS+A

75

112.5

75

通信時間

(※1)

HS

9時間

9時間

11時間30分

HS+A

6時間40分

6時間30分

10時間30分

バッテリー交換

×

×

クレードル

なし

あり

あり

→スマホは、右スクロールできます

速度単位:Mbps

※1 通信時間・・・W06・W05はスマートモード、WX05はスタンダードを選択したとき

 

hiro
W06はWX05に比べ通信速度が速いので、WX05と比べるとバッテリーのもちが劣ってしまいます。

でもこれは通信速度が速い証拠なので、私はデメリットとは思ってないです。

もしバッテリーの持ちを重視したい場合は、パフォーマンス設定で変更することもできます

\W06は高速通信がウリ!/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

W05からの進化は、クレードル・速度・安定性

W06の前機種W05から進化した点は、クレードルの廃止・通信速度・安定性・デザインです。

 

一番衝撃を受けたのはクレードルが無くなったことです。

今までクレードルを使っていた人からすると「クレードルなくて大丈夫・・・?」と心配かと思います。

 

でも大丈夫です!少なくても私は必要と感じたことがないです。

クレードル無しでサクサク繋がりますから。しかも安定している!

ビームフォーミング

W06についているビームフォーミングが心強い

 

WX05との違いは、有線LAN接続・バッテリー交換

WX05との違いは、有線LAN接続とバッテリー交換ができるかということです。

W06はクレードルが無くてもサクサク繋がりますが、有線LANにこだわるなら1つ前のWX05を選びましょう。

\ WX05もBroad WiMAXなら端末0円 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

『Speed Wi-Fi NEXT W06』を申し込むプロバイダーの選び方

次に、『Speed Wi-Fi NEXT W06』を申し込めるプロバイダーの選び方をご紹介します。

 

端末代無料のプロバイダーを選ぶ

プロバイダーを選ぶときには、最新端末が0円のプロバイダーを選ぶことが大切です。

実質無料や0円レンタルではなく、純粋に『最新端末を0円で購入できる』プロバイダーを選びましょう。

紛失したときのことを考えると、0円でも端末レンタルは避けたほうがいいです。

 

端末代はプロバイダーによって異なっています。

例えば本家UQ WiMAXではW06を15,000円で購入でき、BIGLOBE WiMAXは2万円です。

\ Broad WiMAXなら端末0円購入できる /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

解約の時のことまで考える

WiMAXは入口(キャンペーンや料金)だけではなく、出口(解約)まで考えてプロバイダーを選ぶ方が後々の後悔は少ないと考えます。

例えば、「引っ越しや結婚でWiMAXを使わなくなった」「光回線にしたい」という時に、違約金をかけずに自分のタイミングで解約できたらいいですよね。

 

WiMAXは手軽に持ち運びができるのがメリットですが、違約金が0円になるのは契約更新月だけ。

しかし「WiMAXをやめて光回線にしたい」「WiMAXをやめて他のモバイル回線にしたい」というように乗り換えをしたいと思った時に、違約金が0円になるサービスがあります!

それがBroad WiMAXの『いつでも解約サポート』

 

いつでも解約サポート

 

これはBroad WiMAXの紹介で他の回線に乗り換えると、Broad WiMAXの違約金が無料になるというサービスです。

契約後何年経っていてもOK!

このようなサービスをやっているのは、WiMAXの中でBroad WiMAXだけ

\ プロバイダーは解約まで考えて選ぼう/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

WiMAX W06の疑問

Q. 他端末のクレードルは使えますか?

A. 使えないです。

使えると書いてあるサイトもありますが、有線LAN接続はできません。

当サイトでは実際に試していないので、ツイッターで口コミを探してきました。

W04のクレードルが使えたと言うのは、有線LANできたのではなく充電ができただけという可能性が高いですね。

 

hiro
どうしても有線LAN接続が必要なら、1つ前のWX05かホームルーターを選ぶといいです

\ WX05とホームルーターもBroad WiMAXなら0円/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

Q. W06の充電器はどうすればいいですか?

A. 自分で充電器を用意します。

Broad WiMAXでオプション購入もできますが、Amazonや楽天・家電量販店でも普通に購入できます。

 

購入するときは、『TypeCのUSBケーブル』を買うといいです。

コンセントから充電したい場合は、『TypeCのUSBケーブル』の他に『コンセント変換プラグ』も用意してください。

 

『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使ったレビューまとめ

WiMAXモバイルルーターなら、文句なしに『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、が買いです!

『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、通信速度と安定感があるので、有線LAN接続にこだわっていないなら満足できるスペックです。

 

1つ前のWX05のメリットは、有線LAN接続ができることだけ。

hiro
有線LANが絶対に必要という人以外は、W06がおすすめです!

ちなみに当サイトのゲームライターは、偶然みんなクレードルを使わずにプレイしていました

オンラインゲームのために有線LAN接続を考えている方は、『WiMAXを使ったオンラインゲームのレビュー』も参考にしてください。

 

Wi-Fi選びは、速度を重視しよう!

ブロードワイマックス

  • WiMAXは、通信速度がモバイル回線の中で一番速い!
  • 最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • ブロードワイマックスは、料金がとにかく安い!

WiMAXは、工事不要でが手軽に使えるため、一人暮らしや賃貸住まいにおすすめ!

自宅以外でも使いたいならモバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うならホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、ブロードワイマックス

hiro
私は、ブロードワイマックスで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

どんなときもWiFi

  • 完全に無制限で使える(混雑回避のための規制なし)
  • ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリア

 

2019年に発売され、WiMAXのデメリットを補う形で登場したモバイルルーター。

WiMAXより通信速度が劣るが、無制限で使えるのがウリ。

速さはそこまで求めていないけど、広いエリアで使いたい人におすすめ。

ルーターは、モバイルタイプ1種類のみ。

hiro
WiMAXがエリア外だった場合に、第一候補になるモバイルルーターです。

まずは高速通信のWiMAXを検討し、エリアが微妙な時はどんなときもWiFiにするという流れがおすすめ!

-Wi-Fiルーターのレビュー
-

Copyright© 一人暮らしのWi-Fi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.