WiMAXプロバイダ

【2020年7月最新】WiMAXが安いのはどれ? おすすめプロバイダまとめ

投稿日:2019年12月7日 更新日:

WiMAXキャンペーン

WiMAXはプロバイダごとに料金・契約期間・割引方法・キャンペーン・サービスが異なるため、プロバイダの比較がとても大切です。

しかし契約期間・端末代・割引方法などプロバイダごとに異なるため、単純に料金だけ見て比較できないですよね・・・

 

こちらのページでは、月額料金・キャンペーン・割引方法・契約期間・端末代・解約時の違約金まで比較して、トータルで安いおすすめのプロバイダはどれかまとめています。

\ 7月のおすすめ/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

WiMAXで安い! おすすめプロバイダは『ブロードワイマックス』

まずはじめに結論をいってしまうと、WiMAXの中で料金が安くサービスが良いのプロバイダは、『ブロードワイマックス』です。

 

WiMAX実質月額料金

 

WiMAXの料金を比較

プロバイダ

実質
月額

割引方法

端末代
(円)

BW

3,646

月額割

0

GMO

3,547

3,662

月額割

CB

0

DTI

3,601

月額割

0

カシモ

3,704

月額割

0

sonet

4,017

月額割

0

ビッグ
ローブ

4,108

CB

19,200

UQ

4,630

割引なし

15,000

JP

 

 

 

※ 実質月額・・・毎月の月額料金・初期費用・必須オプションを全てたし、契約期間で割ったもの(当サイト調査)

 

上の表は、プロバイダごとの実質月額料金を比較したものです。

hiro
WiMAXのプロバイダを比較するときは、基本の月額料金に初期費用・端末代をプラスして、キャッシュバック・割引を差し引いた実質月額料金で比較するといいです。

実質月額料金を出すことで、契約期間が異なるプロバイダでも平等に比較できるからです

WiMAX料金の出しかた

割引方法は大きく分けて、月額料金が安くなるプロバイダと、月額料金はそのままに後からキャッシュバックをするプロバイダがありますが、キャッシュバックは受け取れないリスクがあるので、確実に値引きされる月額割のプロバイダがおすすめです。

(GMOのみ、月額割プラン・キャッシュバックプランがあります)

 

hiro
料金・サービスなど総合的に判断すると、ブロードワイマックスが最もおすすめ!

ブロードワイマックスは最安値ではないものの、料金とサービスとの兼ね合いがとてもいいです

 

特にブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』というサービスは、神サービス。

これは、簡単にいうと他の回線に乗り換えたい時に、いつ解約しても解約違約金が0円になるサービスです。

ブロードワイマックス以外のプロバイダには、このサービスはありません。

詳しくは『Broad WiMAX『いつでも解約サポート』でどんなときもWiFiに乗り換えてみた!』を参照してください。

hiro
WiMAXは、数年に渡って継続して利用するものです。

なので1円でも安いところで契約するよりも、サービス・サポートを重視した方が結局はお得です

\ 当サイト人気NO.1 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

2020年7月における傾向

新型コロナウィルスの影響で、WiMAXの在庫が少ない状況が続いていましたが、6月下旬あたりから比較的安定してきました。

現在は、ほぼ通常出荷に戻ってきています。

 

【2020年7月】WiMAXプロバイダ料金・キャンペーン

ブロードワイマックス:料金とサービスのバランスが良く、おすすめ!

Broad WiMAX

画像引用:Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ブロードワイマックスの基本料金

契約月

2.726円の日割り

1〜2ヶ月

2,726円

3〜24ヶ月

3,411円

25ヶ月〜

4,011円

 

ブロードワイマックスの実質月額料金

 

3,646円

※ 必須オプションは契約月に解約すると仮定

 

ブロードワイマックス基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

月額割引

端末代

0円

初期費用

3,000円

(18,857円)

その他

サービス・特典がよい

唯一、他社からの乗り換えサービスをしている

解約違約金がいつでも0円になる方法がある

 

解約時の違約金

1〜12ヶ月

19,000円

13〜24ヶ月

14,000円

25ヶ月〜

9,500円

 

ブロードワイマックスは、料金に対してのサービス・特典・サポートが充実しています。

例えばWiMAXでは、契約更新月以外の解約のときは違約金が発生しますが、 ブロードワイマックスでは『いつでも解約サポート』を使うことで違約金を支払わずにいつでも解約できます。

いつでも解約サポートは、ブロードワイマックスを使っているなら誰でも対象になり、オプション料金が必要なものではありません。

\ 私も使ってます/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

レビュー
【ブロードワイマックスの評価】ガチで使ってるリアルレビューとみんなの口コミ評判

hiro最初の3ヶ月間はギガ放題にして、どれくらい使うか見ておくといいです。 それでライトプランでも大丈夫そうだなと分かれば、ライトプランに変更するとコストが削減できます。 WiMAX本体でカウンター ...

続きを見る

 

GMO とくとくBB:キャッシュバックのインパクトはデカイが、堅実な月額割がおすすめ!

WiMAXキャンペーンgmo

画像引用:GMOとくとくBB

GMO とくとくBBの基本料金

 

月額割

CB

契約月

2,590
の日割り

3,609
の日割り

1〜2ヶ月

2,590

3,609

3〜24ヶ月

3,344

4,263

25ヶ月〜

4,263

4,263

単位:円

 

GMO とくとくBBの実質月額料金

月額割

3,662円

キャッシュバック

3,547円

※ キャッシュバック金額は、WX06の27,500円で計算

 

GMO とくとくBB基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

月額割

キャッシュバック

端末代

0円

初期費用

3,000円

必須オプション

なし

その他

キャッシュバックプランは、もらい損ねると高額になる

 

解約時の違約金

1〜12ヶ月

19.000円

13〜24ヶ月

14,000円

25ヶ月目〜

9,500円

 

GMOとくとくBBには、割引方法が2つあります。

毎月の料金が安くなる月額割か、月額料金は定価の代わりにキャッシュバックをもらえるプランです。

おすすめは月額割の方です。

 

GMOのキャッシュバックは高額のため魅力的ですが、実はもらい損ねている人が非常に多いので注意が必要。

というのも、キャッシュバックをもらえるのが11ヶ月後になるからです。

しかもGMOからメールが届いたあとで、決められた期間内に自分でキャッシュバック申請をしないといけないという仕組みになっていて、メールを見逃してしまうとキャッシュバックは受けられません。

 

GMOで申込む場合は、ぜひ確実に値引きされる月額割の方で申込むことをおすすめします!

\こちらが月額割/

>>『GMOとくとくBB』を詳しくみる

 

ちなみにキャッシュバックだと、こちらになります。

>>GMOのキャッシュバックプランはこちらから

 

DTI :系列のクレカ作れば、月額料金が安くなる

DTI

画像引用:DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+の基本料金

1〜2ヶ月

0円

3ヶ月

2,590円

4ヶ月〜

3,760円

 

DTI WiMAX2+の実質月額料金

月額割引

3,601円

カード作成すると

3,435円

 

DTI WiMAX2+基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

月額割引

端末代

0円

初期費用

3,000円

必須オプション

なし

その他

NTTのグループカードを作り支払い先にすると、6,000円分CB

月額料金が2ヶ月無料

 

解約時の違約金

〜12ヶ月

19,000円

13〜24ヶ月

14,000円

25〜36ヶ月

9,500円

 

DTIでは指定のクレジットカードを作り、そのクレジットカードを支払い先に設定すると、毎月500円が12ヶ月に渡って値引きされます。

トータルで6,000円のキャッシュバックとなり、それを行うと実質3,435円まで月額料金を下げることができます。

\ クレカ作成で割引 /

>>DTI WiMAX2+を詳しくみる

 

カシモ:土日も発送している

カシモWiMAX

画像引用:カシモWiMAX

カシモ WiMAXの基本料金

契約月

1,380円

(日割りなし)

1ヶ月

1,380円

2〜24ヶ月

3,580円

25ヶ月〜

4,079円

 

カシモ WiMAXの実質月額料金

月額割引

3,704円

 

カシモ WiMAX基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

月額割引

端末代

0円

初期費用

3,000円

その他

 

 

解約時の違約金

〜12ヶ月

19,000円

13〜24ヶ月

14,000円

25ヶ月〜

9,500円

 

カシモWiMAXは料金設定が2つあり、最新端末では『新端末プラン』という高い方のプランになります。

古いルーターでよければ月額料金が安い『最安級プラン』を選べます。

 

こちらの記事では全てのプロバイダを同じ条件で比較しているため、最新ルーターを選んだと仮定して『新端末プラン』で計算しています。

 

カシモWiMAXでの注意点は、契約月が日割りにならないことです。

他のプロバイダと異なり契約月の1,380円は、日割りになりませんので注意してください。

 

とはいえ土日も発送しているため商品の到着が早く、プロバイダとしてはブロードワイマックスの次に良いと思います。

\ 土日も発送OK/

>>『カシモWiMAX』を詳しくみる

 

So-net:ようやく受付再開

So-net

画像引用:So-net WiMAX2+

So-net WiMAX2+の基本料金

契約月

0円

1〜12ヶ月

3,380円

13〜36ヶ月

4,379円

37ヶ月〜

4,379円

 

So-net WiMAX2+の実質月額料金

月額割引

4,017円

 

So-net WiMAX2+基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

月額割引

端末代

0円

初期費用

3,000円

その他

 

 

解約時の違約金

〜12ヶ月

19,000円

13〜24ヶ月

14,000円

25〜36ヶ月

9,500円

 

So-netは5月初旬に、在庫が不安定のため受付停止になりましたが、現在は受付再開しています。

So-netだけの特別なサービスやキャンペーンはありませんが、大手の安心感があります。

>>So-net モバイル WiMAX 2+を詳しくみる

 

BIGLOBE:1年契約のみの新プラン

BIGLOBE WiMAX

画像引用:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX2+の基本料金

契約月

0円

1ヶ月〜

3,980円

 

BIGLOBE WiMAX2+の実質月額料金

LTEなし

4,108円

LTEあり

5,073円

 

BIGLOBE WiMAX2+基本データ

契約期間

1年

LTEの利用

1,005円

割引方法

キャッシュバック

15,000円

端末代

19,200円

(800×24回払い)

初期費用

3,000円

その他

端末代は2年間の分割払い

2年以内に解約するときは残債支払いが必要(初期契約解除でも、端末代は払う)

キャッシュバックは契約翌月にもらえる

 

解約時の違約金

〜12ヶ月

1,000円

13ヶ月〜

0円

 

BIGLOBEは他のプロバイダと異なり、1年契約になります。

契約期間が短いので、WiMAXを短期的に使いたい人に人気のプロバイダとなっています。

ただしLTEは別料金(使った月のみ+1,005円)+端末代がかかるので、割高となります。

\ 短期利用なら/

>>BIGLOBE WiMAXを詳しくみる

 

UQ WiMAX:月額料金が高いが、本家の安心感

UQ WiMAX

UQ WiMAXの基本料金

2年自動更新あり

3,880円

2年自動更新なし

3,880円

契約期間なし

4,050円

 

UQ WiMAXの実質月額料金

2年自動更新あり

LTEあり

5,635円

LTEなし

4,630円

2年自動更新なし

LTEあり

5,635円

LTEなし

4,630円

契約期間なし

LTEあり

5,805円

LTEなし

4,800円

 

UQ WiMAX基本データ

契約期間

2年 / 契約期間なし

LTEの利用

1,005円

割引方法

端末代

15,000円

初期費用

3,000円

その他

 

 

解約時の違約金

2年自動更新あり

1,000円

2年自動更新なし

契約期間なし

0円

 

UQ WiMAXは、料金的な旨味は全くありませんが、本家の安心感があります。

2年契約と契約期間なしとなっていて、3年契約はありません。

 

2年契約は、2年後の自動更新ありだと月額料金据え置きですが、自動更新なしにすると2年間は自動更新ありと同じ料金で、26ヶ月目から契約期間なしと同じ料金になります。

料金は気にしない人・WiMAX本家の安心感が欲しい人に適しています。

 

JP WiMAX:引き続き受付停止

JP WiMAX

画像引用:JPWiMAX

JP WiMAXの基本料金

契約月〜3ヶ月

2.880円

4〜24ヶ月

3,500円

25ヶ月〜

4,100円

 

JP WiMAXの実質月額料金

ギフト券あり

3,419円

ギフト券なし

3,725円

※ 実質月額料金は、(基本料金×契約期間)+初期費用+端末代を契約期間で割って、出しています

 

JP WiMAX基本データ

契約期間

3年

LTEの利用

0円

割引方法

アマゾンギフト券(10,000円)

端末代

0円

初期費用

3,000円

必須オプション

なし

その他

月額料金は安いが、解約時の違約金が高い

WX05の取扱いが無い

 

解約時の違約金

1年未満

30,000円

1〜3年

25,000円

更新月

0円

それ以降

9,500円

※ 〜24ヶ月以内の契約だと、端末返却が必要。返却できないと、残りの月数×1,600を支払う

 

JP WiMAXは2020年7月現在、新規申し込みを停止しています。

hiro
理由は、在庫不足だそうです。

引き続き新規受付を停止したままですね

また、2020年1月末に発売された『Speed Wi-Fi NEXT WX06』『WiMAX HOME02』の取り扱いもしていないです。

 

販売ページには端末代0円と書かれていますが、よく見ると24ヶ月以内の解約では端末返却が必要になります。

紛失などで返却できないと、24ヶ月までの残りの月数×1,600円の支払いが必要。

つまり、端末代は38,400円かかっていることになります。

 

月額料金は安いですが、その分解約時の違約金が高額設定されています。

hiro
月額料金が安いだけで飛びつくのは、とても危険です。気をつけてくださいね

2020年7月のWiMAXプロバイダまとめ

 

WiMAXを契約するなら、ブロードワイマックスがもっともおすすめです!

しかしブロードワイマックスは人気のプロバイダのため、端末によっては時間がかかるものもあります。

 

現在のおすすめ端末は、モバイルルーターなら『Speed Wi-Fi NEXT WX06』・ホームルーターなら『Speed Wi-Fi HOME L02』です。

それぞれレビュー記事も書いているので、合わせて参考にしてください。

\ 7月はブロードワイマックス/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

モバイル
WX06レビュー
【Speed Wi-Fi NEXT WX06】口コミレビュー! 速度・pingを1時間ごとに計測

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』は、現在発売されているWiMAXの中で、もっとも新しいモバイルルーターです。 最新端末なので、気になっている人も多いのでは?   こちらの記事で ...

続きを見る

自宅用
WiMAX L02
WiMAX『Speed Wi-Fi HOME L02』レビュー! 我が家での実測とみんなの口コミ・評判まとめ

こんにちは、【一人暮らしのWi-Fi選び】管理人のhiroです。 今回私は、WiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』を実際に使いました。   こちらの記事では、 ...

続きを見る

 

wifi選びは、回線速度が速いものを選ぼう!

ブロードワイマックス

  • WiMAXは、通信速度がモバイル回線の中で一番速い!
  • 最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • ブロードワイマックスは、料金がとにかく安い!
  • ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』が、とにかく神!

WiMAXは、工事不要でが手軽に使えるため、一人暮らしや賃貸住まいにおすすめ!

自宅以外でも使いたいならモバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うならホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、ブロードワイマックス

ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』というサービスが特に素晴らしく、WiMAXが使いづらくなったときに違約金0円で他のモバイルwifiに変更できます。

このサービスを行なっているのは、WiMAXプロバイダの中でブロードワイマックスだけ!

hiro
私は、ブロードワイマックスで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

-WiMAXプロバイダ

Copyright© 一人暮らしのwifi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.