WiMAXのレビュー

【Speed Wi-Fi NEXT WX06】口コミレビュー! 速度・pingを1時間ごとに計測

投稿日:2020年6月5日 更新日:

WX06レビュー

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』は、現在発売されているWiMAXの中で、もっとも新しいモバイルルーターです。

最新端末なので、気になっている人も多いのでは?

 

こちらの記事では、Speed Wi-Fi NEXT WX06を実際に使ってレビュー記事をまとめています。

よかったら、参考にしてください。

\ WX06も端末代0円 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』の口コミレビュー

WX06レビュー

WiMAXの最新端末『Speed Wi-Fi NEXT WX06』、在庫が無い中ようやく実際に使うことができました。

速度がどれくらい出るか心配だったのですが、普通に使う分には全く問題ありません。

速度もpingも安定していて、非常に安心して使えます!

 

W06も使いましたが、今買うなら、迷うことなくWX06を選んでOK!です。

自信を持っておすすめできます!

 

今回クレードルなしで使ったのですが、全く問題ありませんでした。

WX06のクレードルは現在品薄かと思うので、必要になってから買い足す形でいいです。

 

WX06の口コミをTwitterでも確認しましたが、他のユーザーも問題なく使えているようです。

\ 今買うならWX06 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

WiMAX WX06の速度・pingを1時間ごとに測ってみた!

それではお待ちかね、速度計測の結果を発表します!

場所は神奈川県横浜市で、2.4GHzで1時間ごとに2回ずつ計測しました。

測定アプリは、毎度おなじみスピードテストです。

 

まずは、平日・休日の平均値から。

WX06の実測(下り・上り)・pingの平均値

 

下り

上り

ping

平日

22.98

6.67

37.37

休日

22.17

5.81

38.32

速度単位:Mbps

WX06の実測(下り)

WX06の実測(上り)

上のグラフの元になっている1時間ごとの詳しい数値は、こちらに隠してあります。

興味のある方はどうぞ。

↓↓

【WX06】平日の時間帯別、通信速度

 

WiMAX WX06の平日の速度・ping

時間帯

速度

ping

下り

上り

9時

1回目

21.2

3.54

37

2回目

16.5

4.56

52

10時

1回目

20.4

5.29

42

2回目

21.6

4.46

48

11時

1回目

11.5

4.52

46

2回目

13.6

4.31

38

12時

1回目

12.5

4.73

37

2回目

14.1

2.59

37

13時

1回目

25.1

6.47

35

2回目

24.1

5.81

31

14時

1回目

21.9

6.39

30

2回目

29.4

6.36

37

15時

1回目

34

6.43

46

2回目

38

6.5

48

16時

1回目

15.4

5.29

26

2回目

19.1

6.65

33

17時

1回目

33.8

7.3

25

2回目

18.7

4.52

39

18時

1回目

15.1

6.38

40

2回目

19.9

6.91

41

19時

1回目

25.7

12.7

39

2回目

21.8

11.7

29

20時

1回目

28.1

8.6

36

2回目

31.2

8.24

36

21時

1回目

22.3

10.8

37

2回目

23.6

11.2

36

22時

1回目

29.3

9.19

34

2回目

29.3

6.47

35

23時

1回目

20.9

6.06

35

2回目

26.8

6.76

38

0時

1回目

23.1

6.15

27

2回目

27.3

6.64

46

 

【WX06】休日の時間帯別、通信速度

 

WiMAX WX06の休日の速度・ping

時間帯

速度

ping

下り

上り

9時

1回目

40.6

4.96

41

2回目

34.1

6.7

43

10時

1回目

7.82

3.98

49

2回目

10.8

3.6

47

11時

1回目

26

5.31

53

2回目

27.4

5.34

37

12時

1回目

39.4

8.9

35

2回目

38.4

6.7

39

13時

1回目

15.6

5.74

40

2回目

14.3

4.75

33

14時

1回目

24.3

5.89

38

2回目

19

7.05

23

15時

1回目

23.45

6.43

34.75

2回目

 

 

 

16時

1回目

26.1

6.83

40

2回目

24.4

5.98

38

17時

1回目

15.6

6.55

35

2回目

15

7.77

56

18時

1回目

18.1

7.43

36

2回目

23.7

7.98

33

19時

1回目

19.8

8.48

40

2回目

20.4

7.31

34

20時

1回目

28.1

3.06

37

2回目

22

3.35

37

21時

1回目

24.2

5.8

36

2回目

14

4.39

40

22時

1回目

21.55

4.98

37

2回目

29.3

6.47

35

23時

1回目

26.3

4.75

39

2回目

21.7

5

33

0時

1回目

8.78

4.68

30

2回目

13.7

4.93

40

 

全く問題なく、ストレスなく普通に使えます

ウェブサイト閲覧・YouTube閲覧・Twitter・インスタUPしたりしましたが、問題なく使えました。

35名が一気に入るzoomでのオンライン授業も試しましたが、1回も止まらなかったのには驚きました!

hiro
オンライン授業の時は2.4GHz/5GHz同時接続を行ったら、WiMAXが5GHzを選んだので、5GHzでつなげました。

基本的に自宅では、5GHz(室内用)が良い感じで、同時接続を選ぶと5GHzに繋がります

 

2.4GHzと5GHzの実測は、数値的には大きな差はなし

2.4G/5G同時接続を選ぶと、私の家では常に5GHz(室内)に繋がりました。

なので、実際にどれくらい速度が変わるのかこちらも測定してみました。

 

WX06における2.4GHz・5GHzの実測比較

 

下り

上り

ping

2.4G

23.46

5.6

37.3

5G

25.8

4.75

37.1

速度単位:Mbps

時間帯を変えて6回計測しましたが、周波数による大きな違いはみられませんでした。

ただ数値には見えていない家電製品などとの電波干渉を考慮して、WiMAXが5GHzに繋げたがっているのかもしれません。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペック・機能

WX06レビュー

バンドステアリング機能が搭載!

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』最大の特徴は、バンドステアリング機能が搭載されていることです。

これはホームルーターではあった機能ですが、モバイルルーターでは初の機能となります。

・・・て言っても、バンドステアリング機能って何ですか?
ケンタ
Wi-Fiさん
バンドステアリング機能は、そのときの周囲の電波環境を判断して、自動で最適な周波数につなげげてくれるんだ!

 

バンドステアリング機能

WX06レビュー

 

バンドステアリング機能を使いたいときは、『クイックメニュー』→『Wi-Fi周波数』で、『2.4G/5G同時』を選びます。

すると、その時の状況に応じて2.4GHzか5GHzを選択してくれます。

hiro
2.4G/5G同時を選択すると、私の自宅では5GHz(屋内)に繋げてもいいですか?と出てきます。

やはり家電製品との混雑緩和のためか、室内では5GHzとの相性が良いようです。

 

もう少しくわしく解説すると、今までのWiMAXモバイルルーターは、周波数を2.4GHzか5GHzのどちらかを選んでつなげています。

デフォルトの周波数は2.4GHzとなっているため、自宅内で使うときやゲームをするときも、そのまま2.4GHzでつなげている人も多いようです。

 

しかしWiMAXは、自宅など屋内で使う時に5GHzに接続した方が、つながりやすいことがあります。

それは家電製品の多くが2.4GHzのため、混雑する可能性があるからです。

 

周波数を変更する

 

Speed Wi-Fi NEXT WX06なら、2.4GHzの方が良いときは2.4GHzに・5GHzの方が良いときは5GHzにつなげてくれます。

(今までと同じように、自分で繋げたい周波数を選ぶこともできます)

 

ちなみにこの機能は、モバイルルーターとしては初の機能となりますが、ホームルーターには以前からあった機能。

(Speed Wi-Fi HOME L02では、『5GHz有線機能』という設定になります)

レビュー
WiMAX L02
WiMAX『Speed Wi-Fi HOME L02』レビュー! 我が家での実測とみんなの口コミ・評判まとめ

こんにちは、【一人暮らしのWi-Fi選び】管理人のhiroです。 今回私は、WiMAXのホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』を実際に使いました。   こちらの記事では、 ...

続きを見る

 

ただこちらを選ぶと、バッテリーの減りは早くなるようです(注意文が出てきました)。

使うギガ数は変わらないので安心してください。

 

2.4GHzと5GHzに、同時接続できる

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』はつなげたい機器ごとに、周波数を振り分けることができるため、結果的に2.4GHzと5GHzの2つの周波数に同時に接続することが可能になりました。

例えばスマホ・PCと同時に接続したときに、スマホは2.4GHz・PCは5GHzという感じに、振り分けられる可能性があります。

この同時接続も、ホームルーターではできますが、WiMAXモバイルルーターでは初の機能となります。

 

クレードルで有線LAN接続できる

NEC製の前機種WX05でもあったのでWX06だけの機能ではありませんが、クレードルが別売りで販売されていることも、『Speed Wi-Fi NEXT WX06』の大きな特徴の1つです。

 

クレードルは、PS4などと有線LAN接続したい人には、根強い人気があります。

ただ「クレードルがないとオンラインゲームはできないか?」というと、クレードルがなくてもプレイすることは可能。

今回のpingを見てもかなり安定していましたし、実際に当サイトのゲームライターは、クレードルなしでオンラインゲームしています。

ゲーム
WiMAXでモンハン
WiMAXでオンラインゲーム(ネトゲ)はできる? 回線速度・Ping・快適に遊ぶためのコツまとめ

WiMAXでオンラインゲームができるかを調べていますか? モバイル回線のWiMAXを使ったオンラインゲームでは、回線速度やラグやカクつきなど気になりますよね・・・。   こちらのページでは、 ...

続きを見る

 

クレードルは端末と一緒ではなく、必要になってから買い足す形でいいと思います。

WX06を使うエリアにもよりますが、自宅でネット閲覧や動画など普通の使い方なら、クレードルはなくても特に問題ない可能性が高いです。

 

データ通信量が見やすい

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』ではホーム画面で、『3日間の日次データ通信量』『HS+Aでの月次データ通信量』が確認できます。

数値とグラフで同時に表示されるので、一目見て簡単にチェックできるのはWX06の特徴です。

 

WX06のデータ通信量は、数値とグラフで表示

WX06スペック

WiMAXは、3日10GBを超えないように気をつけて使う人が多いと思います。

なのであって損はない機能ですが、数値だけでもいいような気はします・・・

hiro
・・・と思っていたのですが、使ってみるとこのグラフもとても見やすいと思いました。

特に3日間のデータ通信量とグラフは、ガジェットに疎い人でも一目見てわかるので、想像以上に使いやすかったです!

 

WX06は日本製

WX06の製造元は、NECプラットフォームズ。

そう、日本製です。

 

新型コロナウィルスをきっかけとして、様々な分野であたらめて日本製に注目する人が増えています。

時代の流れからいうと、WX06が日本製というのも大きな特徴の1つです。

 

WX06と他のルーターを比較

WX06レビュー

WX06とW06を比較! 違いは有線LAN・速度

WX06とW06の大きな違いは、有線LAN接続ができるかと速度です。

hiro
有線LAN接続したいならWX06で、通信速度にこだわるならW06がいいです

 

WiMAX WX06・W06を比較

 

WX06

W06

端末

WX06

発売日

2020年1月

2019年1月

最大速度

(下り)

HS

440

558

HS+A

1,237

最大速度

(上り)

HS

75

30

HS+A

75

有線

USB

LAN

×

製造

NECプラットフォームズ

ファーウェイ・ジャパン

速度単位:Mbps

 

WX06には別売りクレードルが販売されていて、クレードルに装着すれば有線LAN接続ができます。

(クレードルがないと、有線LAN接続はできません)

 

一方のW06には別売りクレードルが販売されていないため、有線LAN接続ができません。

しかしW06の最大通信速度は、WiMAXモバイルルーターの中で最も速いです。

 

WX06とWX05の実測を比較(平日)

 

下り

上り

ping

WX06

22.98

6.67

37.37

W06

36

6.68

45.16

単位:Mbps

hiro
出せる最高速度はW06の方が速いですが、実測ベースで比較してもW06の方が速いことが分かりました。

ただ意外だったのが、WX06の方がping値が安定していたことです。(pingは数値が低い方が良いです)

計測方法は、1時間ごとに2回ずつ計測して平均値を出し、各時間ごとの平均値をさらに集計し1日の平均値を出しました。

WX06のpingは概ね30〜40台で、安定していました。

W06のpingも概ね30〜40台だったのですが、計測中3回50台を出していました。

以下に『Speed Wi-Fi NEXT W06』のレビュー記事も書いています。

合わせて参考にしてください。

レビュー
【Speed Wi-Fi NEXT W06】レビュー! 使って分かった有線LAN・クレードルなしでも買うべき人とは?

  現在販売中の『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、とても人気の端末です。 人気の理由は、モバイルルーターの中で最速だから。 しかし、W06にはクレードルが付いていないので有線L ...

続きを見る

 

WX06と無制限wifiを比較! スペックは、WX06の方がダンゼン上

Speed Wi-Fi NEXT WX06と、無制限wifi(U2s)を比較

 

WX06

U2s

端末

WX06 U2s

容量

3日10GB

完全に無制限

最大速度

(下り)

HS

440

150

最大速度

(上り)

HS

75

50

有線

USB

×

LAN

×

速度単位:Mbps

 

無制限wifiは、現在主流で発売されている『U2s』という端末で比較しました。

WiMAX WX06と無制限wifiを比べると、スペックはWX06の方が断然上になります。

 

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』は、無制限wifiに比べ通信速度が速く、有線での接続もできます。

無制限wifiは、完全に無制限で使えるのが最大のウリとなっている一方で、最大通信速度はWX06より遅く、有線接続はできません。

 

WiMAXを契約する時のプロバイダ選び

次に、『Speed Wi-Fi NEXT WX06』を契約するときのプロバイダの選び方を解説します!

 

WX06が無料のプロバイダを選ぶ

プロバイダを選ぶときには、『Speed Wi-Fi NEXT WX06』の端末が無料のプロバイダを選ぶことが大切です。

端末代は、プロバイダによって有料・無料とそれぞれ設定されているので、シンプルに端末代が無料になるプロバイダを選びます。

 

WiMAXの端末代を比較

JP WiMAX

受付停止

ブロードワイマックス

0

GMO

0

DTI

0

カシモ

0

So-net

0

ビッグローブ

19,200

UQ WiMAX

15,000

単位:円

※ JP WiMAXは、現在、新規受付を停止しています

 

ブロードワイマックス・GMOとくとくBB・DTI・カシモWiMAXが、『Speed Wi-Fi NEXT WX06』の端末代が無料のプロバイダとなっています。

(実質無料でもレンタルでもなく、シンプルに無料です)

\端末代が0円/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

実質月額料金が安いプロバイダを選ぶ

WiMAXの料金は、月額料金だけで比較するのではなく、月額料金・端末代・初期費用・キャッシュバックなど全てを足し引きして、実質月額料金で比べるのが正解です。

といっても、プロバイダごとに料金を出して比較するのはとても面倒くさいので、当サイトにて計算したものをシェアします。

Wi-Fiさん
基本の月額料金に、初期費用・端末代をプラスして、キャッシュバック・割引を差し引いた実質月額料金を出し、安い順に並べてあるよ!

 

WiMAXの料金を比較

 

実質
月額

期間

端末代
(円)

JP

     

BW

3,460

3年

0

GMO

3,561

3年

0

DTI

3,601

3年

0

カシモ

3,704

3年

0

Sonet

4,017

3年

0

ビッグ
ローブ

4,108

1年

19,200

UQ

4,630

2年

縛りなし

15,000

※ 実質月額・・・毎月の月額料金・初期費用・必須オプションを全てたし、契約期間で割ったもの(当サイト調査)

 

hiro
WX06の端末代が無料で、実質月額料金が安いのは、ブロードワイマックスです!

\ 当サイト人気NO1/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

解約時のことまで考えて、選ぶ

WiMAXは入口(キャンペーンや料金)だけではなく、出口(解約)まで考えてプロバイダを選んだ方が後々の後悔は少ないと考えています。

例えば「引っ越しや結婚でWiMAXを使わなくなった」「光回線にしたい」という時に、自分のタイミングで解約できた方がいいと思いませんか?

 

WiMAXは手軽に持ち運びができるのがメリットですが、違約金が0円になるタイミングまで待ってから解約するというのは、無駄に月額料金を払い続けることになる可能性があります。

例えば使っていない月額料金を払い続けているなら、違約金払ってでもさっさと解約してしまった方がお得なこともあるわけです。

 

「WiMAXをやめて光回線にしたい」「WiMAXをやめて他のモバイル回線にしたい」というように乗り換えをしたいと思った時に、違約金が0円になる神サービスがあります!

それは、ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』

 

いつでも解約サポート

 

ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』は、契約後何年経っていたとしても、ブロードワイマックスの紹介で他の回線に乗り換えると、ブロードワイマックスの違約金が無料になるという信じられないようなサービスです。

このようなサービスをやっているのは、WiMAXの中でなんとブロードワイマックスだけ

hiro
出口まで考えてプロバイダを選ぶなら、ブロードワイマックスがおすすめ!

\ 解約までお得なプロバイダを選ぼう/

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

【まとめ】今WiMAXを契約するなら、WX06がおすすめ

2020年現在、ポケットwifiを持つならWiMAXの『Speed Wi-Fi NEXT WX06』がもっともおすすめです!

今買うなら『Speed Wi-Fi NEXT WX06』がよいと思います。

 

またWX06を購入するなら、料金が安くサポートがよいブロードワイマックスがいいです。

Wi-Fiさん
つまり結論としては、WX06をブロードワイマックスで買うのがおすすめだよ!

\ 今買うならWX06 /

>>ブロードワイマックスを詳しくみる

 

とはいえ『Speed Wi-Fi NEXT WX06』の在庫がない場合は、『Speed Wi-Fi NEXT W06』も十分選択肢の1つになります。

昨年発売された『Speed Wi-Fi NEXT W06』という端末は、最大通信速度が速いため根強い人気があり、WX06ではなく、通信速度を重視してW06を買う人もいるくらいです。

hiro
プロバイダごとのキャンペーン状況は、下の記事にまとめてあります。

ぜひ参考にしてください

WiMAXキャンペーン
【WiMAXキャンペーン比較】2020年7月のおすすめプロバイダを紹介

WiMAXはプロバイダごとに独自のキャンペーンを実施していて、プロバイダの比較がとても大変です。 特に最近では、契約期間や端末代などがプロバイダごとに大きく異なるため、残念ながらとても分かりにくいのが ...

続きを見る

 

wifi選びは、回線速度が速いものを選ぼう!

ブロードワイマックス

  • WiMAXは、通信速度がモバイル回線の中で一番速い!
  • 最短で申し込み当日から使える(店舗受取OK)
  • ブロードワイマックスは、料金がとにかく安い!
  • ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』が、とにかく神!

WiMAXは、工事不要でが手軽に使えるため、一人暮らしや賃貸住まいにおすすめ!

自宅以外でも使いたいならモバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT W06』、自宅だけで使うならホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L02』がいいです。

WiMAXは色々なプロバイダーで申し込みができますが、月額料金が安くてサービスが良いのは、ブロードワイマックス

ブロードワイマックスの『いつでも解約サポート』というサービスが特に素晴らしく、WiMAXが使いづらくなったときに違約金0円で他のモバイルwifiに変更できます。

このサービスを行なっているのは、WiMAXプロバイダの中でブロードワイマックスだけ!

hiro
私は、ブロードワイマックスで契約した『Speed Wi-Fi NEXT W06』を使っていますが、サクサクつながります。

価格・サービスともに文句なしにおすすめ!!

-WiMAXのレビュー

Copyright© 一人暮らしのwifi選び 〜WiMAXが安くておすすめ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.